その投稿は本当か嘘か?新しい「発見」の方法

何かに気づいてしまった「自分」との向き合い方

男性はこういうもの、女性はこういうもの、子どもはこういうもの。日常の中で培われたあなたの認識があったればこそ、その発見は可能だったはずだ。その認識をはっきりと説明できるようになれば、この発見が実際に多くの人に受け入れられる「一般性」に繋がる可能性は高い。

こうした直観に重きを置くリサーチ手法は、マーケティング分野にも部分的に浸透しつつある。コンシューマーインサイトをとらえるという話や、オブザベーション(参与観察)、あるいはビジネスエスノグラフィーと呼ばれるようなものだ。

いずれも、相手を調べることを本来的な目的とはせず、自分が気づいてしまったことに注目し、そこからアイデアを広げていく方法だろう(相手の本音や深層心理なるものを探る手法と誤解され、ほとんど変わらなくなっているような話も聞くが)。

冒頭の話に戻ると、この手のやり方はたぶん、ソーシャルメディアと相性が良い。そんな気がしている。

ソーシャルメディアでは、まさに日常の一風景が語られることが多く、アクセスも容易だ。

何か思ったり考えたりしたときに、すぐに連絡を取って追加的なアクションを起こせる。僕たちが日常を見つめ直し、新たな驚きを得るという点では、良い場所なのだと思う。

ソーシャルメディアは、他人を見る場所ではなく、自分自身を見つめる場だ。同時に、自分というもの自体、すでに他人のありようを映した鏡なのである。

 

【初出:2012.12.22「週刊東洋経済(PB商品の裏側)」

 

(担当者通信欄)

商品開発=クリエイティブな才能を持った特別な人の仕事、というイメージもあります。が、この新しい「発見」の方法においては、普通の人こそ、自分の中に希望を見出せるのでは? 平凡な感覚の持ち主であればあるほど、多くの人の感覚を理解することができる、そんな可能性が、鏡としての自分に秘められているのかもしれません。好き嫌いの激しさも、もしかしたら悪いことばかりではないかも…などと都合のよいことを考えてしまいました。

さて、水越康介先生の「理論+リアルのマーケティング」連載第4回は2013年1月21日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、65歳定年の衝撃)」に掲載です!
【商学連携の可能性? 柔らかいマネジメント】大学生が商店街の潤滑油になる?

 

 
マーケティングの基本から勉強してみたい人のために!専門用語に混乱しない、親切設計の入門テキスト。水越康介・黒岩健一郎『マーケティングをつかむ』(2012年、有斐閣)
 
 
企業や市場の潜在性を掘り起こすための新しいマーケティング概念を提示!京都花街、マルちゃん鍋用ラーメン、はとバス、ロック・フィールド……水越康介・栗木契・吉田満梨/編『マーケティング・リフレーミング』(有斐閣、2012年)

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT