欲しいものは「ソーシャル」で作ってもらう?

そして、無印良品の「体にフィットするソファ」も生まれた

ソーシャルメディアが注目される昨今、それをビジネスに活用するうえでのアイデアの一つに、顧客を巻き込んで製品開発を進める仕組みがある。いわゆる「ユーザー参加型製品開発」だ。

 

ネット普及後の、まるで夢のような話?

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

目まぐるしく変化するWebの世界では、もはやその歴史は古いと言える。ネットが普及し始めた2000年頃すでに、マーケティング領域では、二つ三つの先駆的なサイトが知られていた。

たとえば、02年の『一橋ビジネスレビュー』で紹介された、エンジン、エレファントデザインといったネットベンチャーだ。

これらの企業のサイトでは、ユーザーが自分の欲しいもの、作りたいものを、まず提案する。そこに、さまざまなコメントが寄せられ、アイデアはどんどんブラッシュアップされていく。

支持者が一定数集まれば、実際の販売見込みが立ち、メーカーが開発の検討を始めてくれる。両者協力の下、製品開発は進み、最後に生産販売に至る。ユーザーたちは欲しかったものを手に入れる。

夢のような話だ。本当にそんなことができるのか、さらには、どういう条件が整えばうまい開発ができるのか、たくさんの試みが行われるようになった。

次ページマーケティングの最も理想的な姿とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT