欲しいものは「ソーシャル」で作ってもらう?

そして、無印良品の「体にフィットするソファ」も生まれた

ソーシャルメディアが注目される昨今、それをビジネスに活用するうえでのアイデアの一つに、顧客を巻き込んで製品開発を進める仕組みがある。いわゆる「ユーザー参加型製品開発」だ。

 

ネット普及後の、まるで夢のような話?

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

目まぐるしく変化するWebの世界では、もはやその歴史は古いと言える。ネットが普及し始めた2000年頃すでに、マーケティング領域では、二つ三つの先駆的なサイトが知られていた。

たとえば、02年の『一橋ビジネスレビュー』で紹介された、エンジン、エレファントデザインといったネットベンチャーだ。

これらの企業のサイトでは、ユーザーが自分の欲しいもの、作りたいものを、まず提案する。そこに、さまざまなコメントが寄せられ、アイデアはどんどんブラッシュアップされていく。

支持者が一定数集まれば、実際の販売見込みが立ち、メーカーが開発の検討を始めてくれる。両者協力の下、製品開発は進み、最後に生産販売に至る。ユーザーたちは欲しかったものを手に入れる。

夢のような話だ。本当にそんなことができるのか、さらには、どういう条件が整えばうまい開発ができるのか、たくさんの試みが行われるようになった。

次ページマーケティングの最も理想的な姿とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。