欲しいものは「ソーシャル」で作ってもらう?

そして、無印良品の「体にフィットするソファ」も生まれた

Sカレに携わる人々の目的はさまざまだ。もしかすれば面白いアイデアが見つかるかもしれないし、そこまでいかなくても、何かの販促になるかもしれない、と考えるのが企業。

学生にしてみれば、実際のビジネスに少しでも触れられるかもしれない。僕たち教員として期待するのは、授業とは違う教育の成果だ。それぞれの思いがソーシャルメディアなりインターネット上で交錯し、一つの場を織りなすことになる。

ユーザー参加型製品開発にせよ、Sカレにせよ、この先どうなるのかはわからない。今まさにSカレは投票終盤だから、どういうことになっているのか、ぜひサイトをご覧いただきたい。この活動が、ユーザー参加型製品開発のブレークスルーになるかもしれない。

一つ言えるのは、こうして「多くの人がそれぞれに目的や期待を持って携わることのできる場」として考えるならば、今後もインターネットやソーシャルメディアは、とても魅力的な場であり続ける、ということである。

ソーシャルメディアはメディアというより、一つの社会(ソーシャル)そのものだ。

はっきりとした何かが転がっているわけではない。早急に確実な成果が欲しいという人には向かないかもしれない。

だが、そこに行けば誰かがいて、話ができて、自分なりの何かを見つけられる。そんなコミュニケーションのつながりを、企業も顧客もうまく維持・活用する仕組みとして、ユーザー参加型製品開発を考えたらどうだろうと思う。

 

【初出:2012.11.24「週刊東洋経済(ソフトバンクの世界作戦)」

 

 

(担当者通信欄)

トラックボール、恥ずかしながら初めて知りました。ややマニアックな操作デバイスでありつつも、コアなファンの方から熱烈に愛されているようです。Sカレ2012Webサイトでは各チームがアイディアを詰め込んだプロジェクトが閲覧できます。大学生の発想、勉強になりました。

さて、水越康介先生の「理論+リアルのマーケティング」の最新記事は2012年12月17日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、PB商品の裏側」に掲載!
その投稿は本当か嘘か?新しい「発見」の方法!


 
マーケティングの基本から勉強してみたい人のために!専門用語に混乱しない、親切設計の入門テキスト。水越康介・黒岩健一郎『マーケティングをつかむ』(2012年、有斐閣)
 
 
企業や市場の潜在性を掘り起こすための新しいマーケティング概念を提示!京都花街、マルちゃん鍋用ラーメン、はとバス、ロック・フィールド……水越康介・栗木契・吉田満梨/編『マーケティング・リフレーミング』(有斐閣、2012年)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。