ソーシャルメディアは本当に役に立つか?

蒸気機関とキットカットの事例からSNSの可能性を問う!

もともと海外の商品であったキットカットは、日本でのブランドイメージに多様性があった。それは社内においても同様であり、いったいキットカットとは何であるのか、何であるべきなのかという点については議論がなされていた。「きっと勝つ」という駄洒落は、ちょうどそうしたブランドの問い直しが行われていた頃、自らの変革を後押しする一手として顧客から与えられたのだ。

技術やブランドを最大限活かすために

電気という技術と、「きっと勝つ」という駄洒落(を生かしたブランド)。どちらもビジネスにおいて重要な役割を担った。大事なのは、小手先で対応してすぐに役立ったわけではないところだ。

電気という技術をより役立てるためには、工場のレイアウトを変更する必要があった。「きっと勝つ」という駄洒落が生きるためには、企業の中でブランドの意味を問い直し、企業の新しい方向性を決めておく必要があった。

ソーシャルメディアもまた、同じであるように感じる。生産性を高める技術としての側面を有するとともに、メディアとして顧客の声を拾い上げ、ブランド価値を高める。だがいずれも、そのためには企業の側が変わらねばならない

実際にどうやって自分たちを変えていけばいいのか。これはこれで悩んでしまう問題かもしれない。しかし最初にやるべき作業がわかっただけでも、ずいぶんと前進できたように思う。ソーシャルメディアをどう使うかではなく、まずは、ソーシャルメディアをきっかけにして自分たちがどう変われば良いかを検討することから始めればいいのだ。

【初出:2012.10.27「週刊東洋経済(本当に強い大学2012)」

 

(担当者通信欄)

工場レイアウトの変化や、キットカットの事例からソーシャルメディアを考えるという視点、新 鮮でした。大学受験といえばキットカット……。懐かしい思い出としてよみがえってきます。駄洒落もマーケティング的に考えれば捨てたもんじゃない、という ことなのですね。それを活かせる土壌こそ重要なのではありますが。

さて、水越康介先生の「理論+リアルのマーケティング」連載第2回は2012年11月19日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、ソフトバンクの世界作戦」に掲載!
ユーザー自身、つまり私たち自身が「欲しい!」と思うものを作ってもらう方法がある!?

 

キットカットfacebookページには遠く及びませんが、東洋経済オンラインのfacebookページもぜひよろしくお願いいたします。

 

 
マーケティングの基本から勉強してみたい人のために!専門用語に混乱しない、親切設計の入門テキスト。水越康介・黒岩健一郎『マーケティングをつかむ』(2012年、有斐閣)
 
 
企業や市場の潜在性を掘り起こすための新しいマーケティング概念を提示!京都花街、マルちゃん鍋用ラーメン、はとバス、ロック・フィールド……水越康介・栗木契・吉田満梨/編『マーケティング・リフレーミング』(有斐閣、2012年)

 


 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。