中年のゆがんだ“mixi愛”

好きだから、いじめちゃう?

復縁はあるのか

「mixiは俺たちが育てた」。古参ユーザーは、今でもそう思っている。だからこそ、「3年前から使ってないけどね」とか、「俺たちが使っていたころにこうだったらよかったのに」と言いながらも、mixiの新機能や新サービスを上から目線でネチネチと批評し、不具合があれば鬼の首でも取ったように批判する。「もしかしたら、また仲良くなれるのかもしれない」。そんな希望も捨ててはいない。

この感情は、ほかのサービスにはないものだ。mixiと同時期に誕生したGREEも、当初はネット好きの若者に熱狂的に歓迎されたが、07年に突然、アバターやゲームを中心とした携帯電話中心のサービスに衣替え。古参をすっぱり切り捨てて課金ビジネスに邁進し、急成長をとげた。古参にとって初期のGREEとの思い出は、小悪魔女子との一夏の恋のような、振り返ると耳をふさいで「うわああああああ」と叫びながら駆け出したくなるような、黒歴史になってしまっている。

だがmixiとの思い出は、初めての彼女との甘酸っぱい恋だ。mixiも機能変更を繰り返したが、GREEほどドラスティックなものはなかった。変更のたびに古参はブーブー文句を言い、mixiはその対応にいつもあわあわし、方針をぶらすことも少なくなかった。古参はそんなmixiを情けなく見つめるとともに、ちょっとかわいく思っていた。常に隙があり、ユーザーの意見に直面しては動揺するmixi。萌える。

mixiは今になって「ユーザーファースト」を掲げ、ユーザーの意見を傾聴すると言い始めた。あれだけかたくなに廃止へと動いた足あとも、復活の方向で動いている。今更遅いよ、私達の恋はあの時終わったの。私には新しい恋人、Facebookがいるんだから……(Twitterから早々に乗り換えた)と、mixiからの復縁の申し出をかわしつつも、実はちょっと気になっていて、「mixi年賀状」の季節になると、mixiにログインしてみたりしている。

私たちはmixiを愛していたし、mixiも私たちを愛していた。何かきっかけさえあれば、焼けぼっくいに火がつくかもしれないという思いは、今でもチリチリとくすぶっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。