瀬古チーム、駅伝参入は苦渋の決断か

DeNAがヱスビー食品陸上部を受け入れ

「瀬古、お前もか」

やむを得なかっただろう、ことは十分に理解できる――。しかし、マラソン・長距離ファンにとっては、何だか複雑な気分でもある。

3月末で廃部が決定しているヱスビー食品陸上部。かつての日本男子マラソンのスーパースターで、“長距離界の顔”とも言える瀬古利彦氏が率いるチームが、DeNAへ移籍することが決まった。DeNAは1月10日、陸上チームを新たに設け、瀬古氏を総監督に起用、ヱスビー陸上部の選手を受け入れると発表した。

企業スポーツは縮小の一途

「本当に、本当に、本当に感謝している」

10日、東京・渋谷の渋谷ヒカリエで会見した瀬古氏は、みずからのチームを受け入れてくれたDeNAに、惜しみない感謝を示した。それも当然だろう。長引く経済低迷で、企業スポーツは縮小の一途。本業の支えにならない競技から、順番に撤退していく流れは止まっていない。

「過酷だが地味」な陸上競技は、切り捨ての対象になりやすい。奇しくも同日、四国電力が3月末で陸上部を廃止すると発表したほどだ。

次ページDeNAが瀬古チームに望むこととは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。