瀬古チーム、駅伝参入は苦渋の決断か

DeNAがヱスビー食品陸上部を受け入れ

「瀬古、お前もか」

やむを得なかっただろう、ことは十分に理解できる――。しかし、マラソン・長距離ファンにとっては、何だか複雑な気分でもある。

3月末で廃部が決定しているヱスビー食品陸上部。かつての日本男子マラソンのスーパースターで、“長距離界の顔”とも言える瀬古利彦氏が率いるチームが、DeNAへ移籍することが決まった。DeNAは1月10日、陸上チームを新たに設け、瀬古氏を総監督に起用、ヱスビー陸上部の選手を受け入れると発表した。

企業スポーツは縮小の一途

「本当に、本当に、本当に感謝している」

10日、東京・渋谷の渋谷ヒカリエで会見した瀬古氏は、みずからのチームを受け入れてくれたDeNAに、惜しみない感謝を示した。それも当然だろう。長引く経済低迷で、企業スポーツは縮小の一途。本業の支えにならない競技から、順番に撤退していく流れは止まっていない。

「過酷だが地味」な陸上競技は、切り捨ての対象になりやすい。奇しくも同日、四国電力が3月末で陸上部を廃止すると発表したほどだ。

次ページDeNAが瀬古チームに望むこととは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。