なぜ東浜巨は「大学No.1」になれたのか?

恩師がうなる東浜の「逆算力」

大学ナンバーワン投手と評価される東浜巨。今年のドラフト会議では、3球団から指名された。(写真:日刊スポーツ/アフロ)

東浜巨は、凡才ではない。

沖縄尚学高校時代の3年時春、エースとしてチームを甲子園優勝に導いた。進学した亜細亜大学では1年時春から東都大学リーグで4勝を挙げ、新人賞を受賞。以後、4年時秋までに歴代4位タイの35勝、共にリーグ新記録の22完封、420奪三振と前人未到の成績を残した。2012年のプロ野球ドラフト会議では、3球団から指名されている。

だが、東浜は天才ではない。

今年の7月中旬、取材で亜細亜大学硬式野球部の生田勉監督に話を聞いたとき、驚きを隠せなかった言葉がある。

「東浜は大学生を相手に、のらりくらりというピッチャー。持ち球を最大限に生かしながら、記録も作っていますけどね。でも、プロに行くようなピッチャーは、少しコースが甘くてもファウルにさせるし、空振りを取れます。それがプロで活躍する条件。東浜には球の力はないと思います」

生田は、東浜がプロで活躍できるかを疑問視したのだ。同じ東都大学リーグ出身の澤村拓一(中央大学→巨人)、藤岡貴裕(東洋大学→ロッテ)と比べ、「もともとの球質が軽い」という。

では、なぜ東浜は「大学ナンバーワン投手」といわれるまでになれたのか。

次ページなぜ亜細亜大を選んだのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT