なぜ東浜巨は「大学No.1」になれたのか?

恩師がうなる東浜の「逆算力」

大学ナンバーワン投手と評価される東浜巨。今年のドラフト会議では、3球団から指名された。(写真:日刊スポーツ/アフロ)

東浜巨は、凡才ではない。

沖縄尚学高校時代の3年時春、エースとしてチームを甲子園優勝に導いた。進学した亜細亜大学では1年時春から東都大学リーグで4勝を挙げ、新人賞を受賞。以後、4年時秋までに歴代4位タイの35勝、共にリーグ新記録の22完封、420奪三振と前人未到の成績を残した。2012年のプロ野球ドラフト会議では、3球団から指名されている。

だが、東浜は天才ではない。

今年の7月中旬、取材で亜細亜大学硬式野球部の生田勉監督に話を聞いたとき、驚きを隠せなかった言葉がある。

「東浜は大学生を相手に、のらりくらりというピッチャー。持ち球を最大限に生かしながら、記録も作っていますけどね。でも、プロに行くようなピッチャーは、少しコースが甘くてもファウルにさせるし、空振りを取れます。それがプロで活躍する条件。東浜には球の力はないと思います」

生田は、東浜がプロで活躍できるかを疑問視したのだ。同じ東都大学リーグ出身の澤村拓一(中央大学→巨人)、藤岡貴裕(東洋大学→ロッテ)と比べ、「もともとの球質が軽い」という。

では、なぜ東浜は「大学ナンバーワン投手」といわれるまでになれたのか。

次ページなぜ亜細亜大を選んだのか
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。