なぜ東浜巨は「大学No.1」になれたのか?

恩師がうなる東浜の「逆算力」

大学ナンバーワン投手と評価される東浜巨。今年のドラフト会議では、3球団から指名された。(写真:日刊スポーツ/アフロ)

東浜巨は、凡才ではない。

沖縄尚学高校時代の3年時春、エースとしてチームを甲子園優勝に導いた。進学した亜細亜大学では1年時春から東都大学リーグで4勝を挙げ、新人賞を受賞。以後、4年時秋までに歴代4位タイの35勝、共にリーグ新記録の22完封、420奪三振と前人未到の成績を残した。2012年のプロ野球ドラフト会議では、3球団から指名されている。

だが、東浜は天才ではない。

今年の7月中旬、取材で亜細亜大学硬式野球部の生田勉監督に話を聞いたとき、驚きを隠せなかった言葉がある。

「東浜は大学生を相手に、のらりくらりというピッチャー。持ち球を最大限に生かしながら、記録も作っていますけどね。でも、プロに行くようなピッチャーは、少しコースが甘くてもファウルにさせるし、空振りを取れます。それがプロで活躍する条件。東浜には球の力はないと思います」

生田は、東浜がプロで活躍できるかを疑問視したのだ。同じ東都大学リーグ出身の澤村拓一(中央大学→巨人)、藤岡貴裕(東洋大学→ロッテ)と比べ、「もともとの球質が軽い」という。

では、なぜ東浜は「大学ナンバーワン投手」といわれるまでになれたのか。

次ページなぜ亜細亜大を選んだのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT