なぜ東浜巨は「大学No.1」になれたのか?

恩師がうなる東浜の「逆算力」

大学ナンバーワン投手と評価される東浜巨。今年のドラフト会議では、3球団から指名された。(写真:日刊スポーツ/アフロ)

東浜巨は、凡才ではない。

沖縄尚学高校時代の3年時春、エースとしてチームを甲子園優勝に導いた。進学した亜細亜大学では1年時春から東都大学リーグで4勝を挙げ、新人賞を受賞。以後、4年時秋までに歴代4位タイの35勝、共にリーグ新記録の22完封、420奪三振と前人未到の成績を残した。2012年のプロ野球ドラフト会議では、3球団から指名されている。

だが、東浜は天才ではない。

今年の7月中旬、取材で亜細亜大学硬式野球部の生田勉監督に話を聞いたとき、驚きを隠せなかった言葉がある。

「東浜は大学生を相手に、のらりくらりというピッチャー。持ち球を最大限に生かしながら、記録も作っていますけどね。でも、プロに行くようなピッチャーは、少しコースが甘くてもファウルにさせるし、空振りを取れます。それがプロで活躍する条件。東浜には球の力はないと思います」

生田は、東浜がプロで活躍できるかを疑問視したのだ。同じ東都大学リーグ出身の澤村拓一(中央大学→巨人)、藤岡貴裕(東洋大学→ロッテ)と比べ、「もともとの球質が軽い」という。

では、なぜ東浜は「大学ナンバーワン投手」といわれるまでになれたのか。

次ページなぜ亜細亜大を選んだのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。