なぜ東浜巨は「大学No.1」になれたのか? 恩師がうなる東浜の「逆算力」

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

東浜が入学したばかりの頃、生田が目を見張る出来事があった。

400mのランニング練習中、スピードが不十分だった東浜にある2年生が「しっかり走れ!」と怒った。すると東浜は、「これを全力で走ったからって、ピッチングのどこに関係があるんですか?」と聞き返したのだ。

一般的な野球部には、伝統的な上下関係が存在する。亜細亜大学は、大学球界屈指の厳しい練習で知られるチームだ。

そんな環境の中で東浜は信念を貫いた。練習の意味を意識せずに走っていた2年生と異なり、東浜は9回を投げ切るスタミナをつけるため、一定のスピードで400m走を繰り返した。自らの課題を補うべく、先を見て練習し、上級生にも自分の意見を主張できる姿に生田は感服した。

教えられたことはすぐ試す

トップに上り詰める野球選手の多くには、共通する要素がある。そのひとつが人の意見に耳を傾け、いい物は取り入れるという姿勢だ。生田は、東浜と亜細亜大学の他の投手の違いはそこにあると指摘する。

「東浜のいいところは、いろいろな人に話を聞いて、教えてもらったことを試します。やってみて、自分に合わなければ元に戻す。ほかのピッチャーはやらないんですよ。『僕はこれしかできません』って。だから進化しない」

前述の野球ノートに、東浜がこう書いてきたことがある。

「テレビで江川(卓)さんが、『バッターの好きなコースの近くに弱点がある』と話していた」

直後、東浜はストレートを高めに投げる練習を繰り返し、奪三振数を伸ばした。

先を見据えて計画的に努力し、いいものを貪欲に吸収しようとする向上心こそ、東浜を大学ナンバーワン投手に至らせたのだろう。

だが、どうしても越えられない壁があった。

次ページ「東浜は逆算がうまい」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT