日ハム・武田久はアラサーでも進化し続ける

小さな大魔神の「突っ張る」力

北海道日本ハムファイターズのクローザー、武田久。アラサーになっても衰え知らずだ(写真:時事)

プロ野球選手の寿命は、決して長くない。投手になるとその傾向は顕著で、2012年に12球団に在籍した選手の平均年齢は27.5歳(データは『週刊ベースボール』2012.2.24増刊号より)。“アラサー”に差しかかると加齢とともにパワーやスタミナが衰え、20代の頃より運動能力が落ちるのは投手の常だ。ユニホーム姿でマウンドに立ち続けられるだけで、幸運といえるかもしれない。

だが、そんな投手の摂理に抗う34歳がいる。北海道日本ハムファイターズの守護神・武田久だ。球団記録の75試合に登板した2006年から7年連続50試合以上に登板している鉄腕投手は、12年シーズンを控えた1月、前年までの勤続疲労について聞かれると、「たぶん、あるんじゃないですか」と答えた後にこう続けた。

「年を取って丸くなるのは、みっともない。突っ張るところは、突っ張らないと。自分の力が衰えているのをさらけ出しているみたいだし」

この姿勢を貫いてきたからこそ、武田久は球界のトップに登り詰めることができたのだろう。

次ページ「久さんは、小さい大魔神」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。