日ハム・武田久はアラサーでも進化し続ける

小さな大魔神の「突っ張る」力

北海道日本ハムファイターズのクローザー、武田久。アラサーになっても衰え知らずだ(写真:時事)

プロ野球選手の寿命は、決して長くない。投手になるとその傾向は顕著で、2012年に12球団に在籍した選手の平均年齢は27.5歳(データは『週刊ベースボール』2012.2.24増刊号より)。“アラサー”に差しかかると加齢とともにパワーやスタミナが衰え、20代の頃より運動能力が落ちるのは投手の常だ。ユニホーム姿でマウンドに立ち続けられるだけで、幸運といえるかもしれない。

だが、そんな投手の摂理に抗う34歳がいる。北海道日本ハムファイターズの守護神・武田久だ。球団記録の75試合に登板した2006年から7年連続50試合以上に登板している鉄腕投手は、12年シーズンを控えた1月、前年までの勤続疲労について聞かれると、「たぶん、あるんじゃないですか」と答えた後にこう続けた。

「年を取って丸くなるのは、みっともない。突っ張るところは、突っ張らないと。自分の力が衰えているのをさらけ出しているみたいだし」

この姿勢を貫いてきたからこそ、武田久は球界のトップに登り詰めることができたのだろう。

次ページ「久さんは、小さい大魔神」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。