日本代表の自分を変えるメンタル術

24時間、つねにTVカメラを意識する

サッカー日本代表が金星を挙げたフランス戦。長友は決勝点をアシストした(写真:Getty Images)

時にトップを走っているサッカー選手は、とんでもない発想をさらりと口にする。

10月12日にパリで行なわれたフランス対日本の親善試合でのことだ。日本はフランスのスピードとパワーに圧倒され、特に前半はほぼ何もできなかった。終了間際に日本がカウンターからゴールを決めて1対0で勝利したものの、内容的には完敗と言っていい。

だが試合後、長友佑都はこう語ったのである。

「相手がバテるのはわかっていた。後半に勝負しようと思っていたので、前半は相手の攻撃をうまく操れました」

この発言を聞いて、鳥肌が立つほどに驚いた。傍目にはボコボコにやられていたように見えたが、当事者の長友からしたらわざと攻めさせて、糸をつけて操るかのように相手をコントロールしていたのだ。そこで相手を疲れさせたからこそ、終盤に反撃に出たられたと。

長友は2010年夏にイタリアのセリエAへ旅たち、約半年後に名門インテルに移籍したことで、Jリーグ時代からは想像もつかないほどに自信に満ちた言葉を口にするようになった。

長友は、こう締めくくった。

「自信、モチベーション、志が自分の身体とマッチした時に、どれだけ人が成長できるかを、僕は身をもって学んできた。メンタルが安定しないと、技術は出せない。今日の試合では、若手たちがそういう経験をしてくれたと思います」

次ページ本田圭佑の習慣
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。