放映権ビジネスの最前線に飛び込んだ日本人

岡部恭英 テレビ放映権セールスマネジャー

スポーツビジネスの世界で最もカネが集まるところ--。それがテレビ放映権ビジネスだ。

岡部恭英(おかべ・やすひで)
T.E.A.M.Marketing A.G./テレビ放映権セールスマネジャー
1972年生まれ。慶応大学卒業。商社に入り東南アジア、米国で勤務後、英国ケンブリッジ大学でMBA取得。06年TEAMに入社。現在、UEFAチャンピオンズリーグの放映権販売などを手掛ける。

 たとえば5万人収容のスタジアムを満員にしても、チケット収入は2億円程度にしかならない。だがテレビ放映ならば、観客は世界中に散らばる。2006年のサッカーW杯ドイツ大会では、放映権料だけで1410億円を売り上げた。

カネが集まる場所には当然、権力も集中しやすい。W杯のテレビ放映権を扱うインフロント社(本社・スイス)のCEOは、国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長のおい。またインフロント社が北中米・カリブ海地区でW杯放映権を販売する相手は、同地区サッカー協会のワーナー会長の会社だ。権力者とのパイプがなければビジネスにかかわることすら難しい世界である。欧州で、その放映権ビジネスの最前線に飛び込んだ日本人がいる。岡部恭英である。

06年、岡部は欧州スポーツマーケティング会社の名門TEAM社に、アジア人として初めて採用された。TEAMはサッカー界で最もハイレベルな大会といわれる欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグの放映権を扱う企業。スイスのルツェルンに本社を置き、約130人が働いている。

大学卒業後、商社マンとして東南アジアや米国を渡り歩いた岡部は、02年W杯をきっかけにサッカー界に転職することを決意した。完全に門外漢の日本人が、どうやって欧州サッカー界に飛び込んだのか。

次ページ人生を変えた日韓ワールドカップ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。