放映権ビジネスの最前線に飛び込んだ日本人 岡部恭英 テレビ放映権セールスマネジャー

拡大
縮小


 渡英前、岡部には日本でやっておきたいことがあった。それは「サッカー関係者100人に会ってアドバイスをもらう」という試みである。

「退路を絶ったのだから、それくらいはしないと。まずは大学サッカー部時代のつてを頼り、誰かと会えたら、最後に『知り合いを紹介してください』と必ず言うんです。そうやって芋づる式にサッカー関係者との約束を取り付けていきました」

このとき岡部には、強烈に印象に残った言葉が三つあった。

一つは大手広告代理店の社員としてFIFAと大きなコネクションを築いた人物の言葉である。

「この世界は、ギブ・アンド・テイクなんて存在しない。ギブ・アンド・ギブだ。ギブ、ギブ、ギブで攻めまくれ」

二つ目は、FIFAのテレビ放映権部門で働く日本人のアドバイス。

「自分を引っ張ってくれる人間を3人つくりなさい。1人じゃダメだ。その人が脱落したら、出世への階段が途切れてしまう」

最も影響を受けたのは、日本サッカー協会の小倉純二副会長の言葉だった。小倉は古河電工の社員時代から協会を支え、現在はFIFAの理事も務める国際派である。彼は自らの経験を基に、初対面の若者にこうアドバイスした。

「大事なのは四つ。人脈、語学力、放映権、欧州サッカー文化の深さを知ることだ。特に放映権は、ますます重要になってくる。ここをしっかりと押さえなさい」

後に岡部がTEAMに入社したのも、この言葉が頭の片隅に残っていたからかもしれない。  

次ページインターンのため100人作戦実行
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT