日ハム・武田久はアラサーでも進化し続ける 小さな大魔神の「突っ張る」力

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

武田久がこだわるのは、佐々木の言う「生きたボール」だ。相手打者の嫌がるボールを投げ続けるために、トレーニングの難度を上げているのだろう。年齢を重ね、体の衰えが否めない中、自らに鞭を打たなければプレーレベルを維持できないからだ。そうした姿勢が“アラサー”を過ぎた今も、高レベルのパフォーマンスを披露している秘訣だろう。

12年9月には14試合に登板してリーグ記録の月間11セーブ、奪われた失点はわずか1と際立つ安定感で、プロ入り10年目で初めての月間MVPに輝いている。

栗山監督が言う。

「久の言う『突っ張る』という表現は、自分らしさが最後までブレないという感覚なのかな。信念を持っている感じをすごく受けます。誰が何を言っても、ブレない感じがすごくある。信念というのは野球への取り組みだったり、試合での投げっぷり、準備の仕方だったり、自分の生活スタイルであったり、すべてですよね」

来シーズンはさらに「突っ張る」

全身を使う武田久のフォームは、肉体的負担が極めて多い。11年シーズン序盤は右脚の内転筋に痛みを抱えながらプレーし、ストレートは本来の質ではなかった。ただ、肉体的負担を嫌ってフォームを変えては、武田久は武田久でなくなる。そう思うからこそ、トレーニングの強度を上げながら良質なフォーム、球質を求めているのではないだろうか。

迎える35歳のシーズン、武田久はさらに「突っ張る」つもりだ。12月2日付の日刊スポーツによると、彼はこんな話をしている。

「このポジション(クローザー)ができなくなったら、やめどき」「休まないことが最低限であり、一番難しいこと」

クローザーという最も過酷なポジションで、突っ張り続ける生き様は実にカッコいい。また、そんな姿を貫いているからこそ、いつまでも球界屈指のクローザーでいられるのだろう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT