ブラジルで、小泉元首相が人気の理由

余計な批判より、サッカーと清潔感!

海外で働く基本は、「郷に入りては郷に従え」。だが、言うは易く、行うは難し。知らず知らずのうちに礼を失し、なぜだかビジネスがうまくいかない、という場面も多いだろう。
そこでこの連載では、各国の人々との付き合い方の秘訣を、外交、つまり「外国人とのお付き合い」「接待」のプロである各国の外交官に聞く。隣り合った国でも異なる習慣、作法を知り、その国にあった振る舞いができるようになれば、より海外進出の道も開けるに違いない。
連載第3回目は、経済成長の著しいBRICsの一角である、ブラジル。リオのカーニバルなど華やかな印象があり、人も情熱的でおおらかなイメージがあるが、実はとても詳細にこだわる細やかな部分もあるという。ブラジル大使館、アレシャンドレ・ヴィダウ・ポルト公使に、意外なブラジルの一面を聞いた。

――ブラジルはサッカーやリオのカーニバルなどとても明るく、おおらかなイメージがありますが、ビジネスではどうですか?

 ポルト公使:ビジネスでも、明るく、楽しい環境を作ることがとても大切です。

でも、実はブラジル人はとても繊細な面も持っているのですよ。それがビジネスにおいてもとても大切なことの1つ。とにかく、清潔であることです。人と会ったらあなたは頭の上から爪の先、そして足元まですべて見られていると思ってください。

 まず汗をかいて体臭を漂わせるなんてことは、ありえません。だからブラジル人は最低1日に1回、多くの場合、日に2~3回シャワーを浴びます。朝起きたらまずシャワーを浴び、外出から帰ってきて次に出掛ける前に、そして寝る前など何度もシャワーを浴びます。

――みんながそんなにシャワーを浴びたら水の消費が多そうですね。ブラジルに地球上の真水の20%が集まっていてよかったですね。

 ポルト公使:本当ですよね。そうでなければとてもブラジル人のシャワーに対応できません。

次ページ爪はきれいですか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。