トヨタが雇った再建屋は日立出身のセールスマン

名古屋グランパスGM・久米一正【上】

名古屋グランパスは、これまで「経営下手」なクラブの代表例だった。おカネがないわけではない。スポンサーであるトヨタ自動車とその関連企業からの支援金は毎年約20億円。選手への勝利給はJリーグトップの推定70万円に上る。にもかかわらず、チームの順位は“万年中位”。結果がついてこなかった。

久米一正(くめ・かずまさ)
名古屋グランパスGM
1955年静岡県生まれ。中央大学卒業後、日立製作所入社。選手として132試合に出場し11得点を記録。85年引退。96年より柏レイソル強化本部長。2002年柏を退団し、清水エスパルスに参加、03年より強化育成本部長を務める。08年名古屋グランパスGMに就任。

だが昨年、グランパスはついに長年の停滞感を吹き飛ばす。

その中心人物となったのが、日立製作所出身の久米一正ゼネラルマネージャー(GM)だ。柏レイソル、清水エスパルスで次々と結果を出した敏腕GMである。

昨年、久米がストイコビッチ監督とともにグランパスに迎え入れられると、チームはJリーグで3位に大躍進し、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権も手にした。グランパスは“万年中位”から抜け出す第一歩を踏み出したのだ。

なぜ久米は、トヨタでも強くできなかったクラブを再生できたのだろうか? そのヒントは、日立のサラリーマン時代にある。

人生を決めた母親の一言

GMとしての地位を確立するまで、久米の人生には三つのターニングポイントがあった。

一つ目の転機は、高校卒業時に訪れる。母親の女手一つで育てられた久米は、家計を助けるために、高校卒業後は地元の実業団に就職しようと考えていた。幸い地元・静岡にはヤマハ発動機とホンダという名門があり、浜松高校のキャプテンとして注目されていた久米の元には両チームからオファーが届いた。

次ページ日立で鍛えられた書類作成能力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。