トヨタが雇った再建屋は日立出身のセールスマン 名古屋グランパスGM・久米一正【上】

拡大
縮小

プロリーグは久米にとっても初めての経験であり、手探りの部分が多かった。たとえば元ブラジル代表選手を獲得したとき、その高額年俸をどうリスクヘッジするか頭を悩ませた。もし契約期間中にケガをしたら、高額な投資が台無しだ。そこで久米は保険会社と掛け合い、年俸保証の保険をかけることにした。年俸1億5000万円に対し、保険料は年間500万円。痛い出費だが、万が一に備えるのもGMの仕事だ。 

川淵チェアマンの一言で年収1300万円を捨てる

力をつけ始めたレイソルは1999年にナビスコカップで優勝し、翌年には年間最多勝ち点を獲得した。久米も日立内で順調に出世し、46歳のときは「参事」(役員クラス)にまで昇格。年収は約1300万円に達した。

だが、その後レイソルの低迷が始まる。責任を取らされる形で、2002年限りでサッカー部から離れることを久米は命じられる。事実上の左遷である。もし異動を受け入れれば、もう二度とサッカーにかかわることはできないだろう。

これに猛反対したのが、川淵チェアマンだった。

「せっかくサッカー界で経験を積み、人脈を得たのだから、親会社に戻るのはもったいない。チームから飛び出して、これまで培った手腕を他の場所で生かしてほしい」

年収1300万円の安定した生活を取るか、毎日が勝負のプロの世界に飛び込むか……。悩む久米の元に、オファーが舞い込んだ。清水エスパルスが「ぜひ強化を手伝ってほしい」と熱心に誘ってくれたのだ。

久米は人生の第3の分岐点となる決断を下した。

[下に続く]

(撮影:今祥雄)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT