トヨタが雇った再建屋は日立出身のセールスマン

名古屋グランパスGM・久米一正【下】

[上より続く]

「会社内の出世レースで勝っても仕方がない。好きなサッカーで飯を食おう。そう決心したんです」

久米一正(くめ・かずまさ)
名古屋グランパスGM
1955年静岡県生まれ。中央大学卒業後、日立製作所入社。選手として132試合に出場し11得点を記録。85年引退。96年より柏レイソル強化本部長。2002年柏を退団し、清水エスパルスに参加、03年より強化育成本部長を務める。08年名古屋グランパスGMに就任。

エスパルスでの年収は970万円に下がったが、給料以上のやりがいが新天地にはあった。

久米が真っ先にメスを入れたのが、地元出身者の優遇だ。清水はサッカーどころというプライドがあり、スタッフも選手も地元出身者の占める割合が高かった。そこで久米はいい選手なら他県出身者も獲得するよう指示。同時に、県内の高校サッカー部監督たちとのパイプも強め、地元のタレントもかき集めた。

優秀な若手が集まるようになったエスパルスは徐々にチーム力が向上。06年からは2年連続でJリーグの4位に輝いた。

この時期、同時並行で久米はあることに取り組んでいた。それはレイソル時代に試行錯誤して行き着いた「GM論」を1冊の本にまとめる作業だ。選手の給与評価システム、高校・大学の指導者へのアプローチ、選手の両親へのプレゼンテーション、選手を獲得するときのチェック項目など、ケース別のGMマニュアルを作成したのだ。

「これができたときに、もう自分はどこへ行ってもGMとして食べていけるという自信がつきました。各クラブごとに細かい事情は異なっても、やるべきことは同じなんです」

“技術屋”玉田を復活させた営業トーク

これだけの人材を他のクラブが放っておくわけがない。久米のところには複数のチームからオファーが舞い込んだ。すでに久米自身もエスパルス再建の手応えを感じていた。加えて、07年に妻を亡くしたことで、環境を変えたいと思うようになっていた。

久米が選んだのは、名古屋グランパスだった。

次ページ納得のいく給与システムを導入
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT