アシックスが野球ブランド一新

イチローも助言

イチローも助言、アシックスが野球ブランド一新

シューズに強いスポーツ用品・ウエア大手のアシックスが、これまで同業他社に比べ必ずしもブランド力の強くなかった野球分野で攻勢を掛ける。

アシックスは2013年シーズンから、シューズ、グラブ、バット、ウエアなど野球用品すべてを「アシックス」ブランドに統一する。これまでは、シューズ類については自前のアシックスブランドで展開してきたものの、その他の用品については、1976年にライセンス契約を締結した米国ローリングス社の野球用品ブランド「ローリングス」で展開してきた。米国では、メジャーリーグのパワフルな野球向けの印象が強いのが、この「ローリングス」ブランドだ。

ただ、ローリングスブランドでは、契約上、日本国内でしかビジネスができない。ローリングス社との契約は、たまたま今年12月末に満了を控えていた。この機会に、野球用品についてもアシックスブランドに統一し、少子高齢化で日本の野球人口が先細りの中、アジアや北米などへの海外展開を中長期的に進めていこうというのが同社の戦略だ。


(11月から順次、アシックスブランドの野球用品を展開)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。