アシックスが野球ブランド一新

イチローも助言

イチローも助言、アシックスが野球ブランド一新

シューズに強いスポーツ用品・ウエア大手のアシックスが、これまで同業他社に比べ必ずしもブランド力の強くなかった野球分野で攻勢を掛ける。

アシックスは2013年シーズンから、シューズ、グラブ、バット、ウエアなど野球用品すべてを「アシックス」ブランドに統一する。これまでは、シューズ類については自前のアシックスブランドで展開してきたものの、その他の用品については、1976年にライセンス契約を締結した米国ローリングス社の野球用品ブランド「ローリングス」で展開してきた。米国では、メジャーリーグのパワフルな野球向けの印象が強いのが、この「ローリングス」ブランドだ。

ただ、ローリングスブランドでは、契約上、日本国内でしかビジネスができない。ローリングス社との契約は、たまたま今年12月末に満了を控えていた。この機会に、野球用品についてもアシックスブランドに統一し、少子高齢化で日本の野球人口が先細りの中、アジアや北米などへの海外展開を中長期的に進めていこうというのが同社の戦略だ。


(11月から順次、アシックスブランドの野球用品を展開)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。