アシックスが野球ブランド一新

イチローも助言

従来のローリングスブランドはメジャーリーグのパワフル野球向けイメージが強かったのに対し、今回のアシックスブランドでは、同社製ランニングシューズなどで認知度を高めてきた「スピード」のイメージを前面に打ち出したのが最大のポイントといえる。

現在、アシックスが用品提供契約を結んでいるプロ野球選手は、イチローのほか、杉内俊哉投手(読売ジャイアンツ)など19選手。また、今シーズンからは中日ドラゴンズにユニフォーム(ローリングスブランド)を提供しているほか、韓国プロ野球3球団にもシューズを提供している。

ターゲットとする購買層は高校生となるが、こうしたプロ選手やプロ球団への用品・ウエア提供なども含めて、いかに「スピード野球のアシックス」のイメージを早急に構築できるかが、今後の野球事業展開のカギとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT