はだし感覚で山走破、デサントが新シューズ

はだし感覚で山走破、デサントが新シューズ

道なき山も、岩場も、“はだし感覚”で走破--。

スポーツウエア国内大手のデサントが、英イノヴェイト社と独占ディストリビューション契約を結び、来年2月から「イノヴェイト(inov−8)」と「デサント」のダブルブランドでシューズを発売する。販売エリアは日本国内に加え、韓国、香港、マカオの4地域。中国については、すでにイノヴェイト社が契約を結んでいるディストリビューターが現地にいるため、今回の契約には含まれていない。2015年には4地域の合計で年間10万足の販売を狙う。

イノヴェイト社は2003年に英国で創業した新興のスポーツシューズメーカー。現在は米国をはじめ世界60カ国の市場に展開している。山などのオフロードを、はだし感覚で走ることができる「ナチュラルランニングシューズ」に定評があり、著名なランニング、アウトドア雑誌などで数々の賞を受賞している。

オフロードランニング向けからスタートしたイノヴェイト社だが、競技人口の面ではロードランニングのほうが圧倒的に多いこともあり、ロードランニングシューズの開発にも取り組んできた。

今回、デサントがイノヴェイト社と組んで日本、韓国、香港、マカオで展開するランニングシューズは、「inov−8」×「DESCENTE」のダブルブランド。これまで欧州や米国などを中心に展開してきたイノヴェイト社にとって、他社とのダブルブランドは初めて。デサントにとっても、ディズニーなど異業種とのダブルブランドはこれまでも展開してきたが、同業のスポーツ用品メーカーとのダブルブランドは初という。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。