はだし感覚で山走破、デサントが新シューズ


 シューズの種類としては計19品目を発売予定で、うち「ロード」用が7品目、オフロード向けとしては「トレイル(山などで整備された道を走行)」用が9品目、「オフトレイル(山道の整備されていない岩場や草地などを走行)」用が3品目。ショック・ゾーンについては「ロード」と「トレイル」は3ARROWからZEROARROWまでの4段階すべて、「オフトレイル」は2ARROWからZEROARROWまでの3段階を取りそろえている。


■オフロード用シューズ「EX-TALON212」

デサントはもともと、スポーツ用品の中でもアパレル(ウエア)に強いメーカーとして知られる。11年3月期にスタートした中期3カ年計画の中では、新規種目への進出として「ランニング」と「サイクリング」を、新規事業分野の開拓としては「シューズ」と「健康関連」を掲げていた。今回のイノヴェイト社との事業展開は、このうち、「ランニング」と「シューズ」事業の強化に直接寄与することになりそうだ。

(大滝 俊一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。