アシックスが野球ブランド一新

イチローも助言


アシックスジャパン本部の谷古宇郁夫・ベースボール事業部長は、「ここ十数年、陸上でも水泳でも、アシックスブランドにまとめていく方針があった。野球も重要な戦略事業であり、(ブランド統一をきっかけに)心機一転して、グローバルブランドに育てていきたい」と説明する。

来シーズンのブランド統一に当たって、アシックスが11月上旬から順次発売する野球用品は、高校生を主なターゲットとする最上級シリーズ「GOLDSTAGE」。グラブ、バット、スパイクシューズ、ウエア類など107品番を取りそろえ、初年度は約10億円の売り上げを計画する。アシックスの野球事業は現状で年商60億円前後だが、今回のブランド刷新を契機に、早期に100億円レベルまで押し上げたいとしている。

中でも同社が主力品に位置付けているのが「SPEED TECH(スピードテック)」と名づけられた商品群。硬式用グラブのスピードテックでは「あと1cm先へ」を企画コンセプトに、中芯に軽量発泡芯を使うなどして、同社従来品に比べ約18%軽くした。同社従来モデルに比べ、約3.46cm(ボール半個分)先へグラブを突き出せるという結果が得られたという(アシックススポーツ工学研究所調べ、以下同じ)。

 


(硬式用グラブ「SPEED TECH」はアシックスブランド最軽量の約430g)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT