急成長するO2Oインフラ、LINEの凄味

4500万人の消費者と店舗をつなぐ

LINEの人気キャラクターでにぎわうNHN Japanのオフィス

全世界で1億人超、日本国内でも4500万人以上という膨大な利用者を持つ無料通話・メッセージアプリ「LINE」。友だち登録をした利用者同士であれば、無料で通話やメッセージのやり取りができる。

LINEは、企業向けの新しい広告・販促ツールとして、多くのメディアで脚光を浴びている。それもネットの情報・サービスでリアル店舗での消費を促すO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスの急先鋒としての位置づけだ。現在、LINEはO2Oのインフラになる可能性が最も高いネットサービスといえる。

なぜLINEがO2Oに力を入れることになったのか。なぜLINEは、消費者を店舗に導けるのか。LINEが価値を置くものは何か。急成長するLINEのO2O戦略を3回にわたって徹底レポートする。

「コアラのマーチ」売り上げが2ケタ増

20種類以上ものソーシャルメディアなどを駆使したO2Oを使いこなすトップランナー、ローソン。LINEの企業向け「公式アカウント」を利用して、人気商品「Lチキ」のクーポンを配布したところ、10万枚が店頭で使われた実績を持つ。2013年3月時点で、ローソンのLINE公式アカウントの「友だち登録」数は645万人以上にものぼる。フェイスブックの41万人と比べても、ケタ違いの利用者から支持されているのがわかる。

ロッテは「コアラのマーチ」30周年として、コアラの「スポンサードスタンプ」を配信したところ、2 週間後にコンビニでの売り上げが前年度比116.7%となり、その翌週も前年度比111.5%だった。

売り上げ2ケタ増を牽引した、「コアラのマーチ」のLINEスタンプ

スポンサードスタンプは、企業が自社キャラクターなどのオリジナルのスタンプを作成して、友だち登録している利用者に無料で提供する広告サービスだ。企業やブランドの価値を高めるだけではなく、店舗へ消費者を導くO2Oの効果も生み出した。

10~20代前半の若い女性に人気のファッションブランド「LIP SERVICE」は、低価格版の企業向けアカウント「LINE@」を使って週末セールのメッセージを配信した。結果、店頭の売り上げが導入前の1.5倍となった。

消費者をリアル店舗に導くのが強みのLINE。LINEのO2Oはどのようにして生まれたのか。

次ページ”情報”ではなく、”感情”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT