トヨタも乗る、ビッグデータの波

車両走行データ、自治体や企業へ提供

情報通信技術(ICT)の飛躍的な発展とともに、世の中には大量かつ多様なデータが飛び交っている。こうしたデータを瞬間的に分析することで、人間の行動や自然現象などを予測し、企業の経営や自治体の運営などに生かしていく概念が、「ビッグデータ」だ。

国内のみならず世界でも最大の自動車メーカー、トヨタ自動車もみずからが主体となって、この波に乗り始めた。トヨタは、自動車のリアルタイム走行データをはじめとする情報を自治体や企業向けに提供する「ビッグデータ交通情報サービス」を6月3日から開始する。

カーナビなどで収集・蓄積したデータを提供

トヨタは、カーナビゲーションなどを通じて、自社の自動車ユーザー向けに渋滞情報などを配信するカーテレマティクスサービス「G-BOOK」を通じて、約330万台の車両の位置や速度などのデータ(プローブ・カー・データ、フローティング・カー・データ)を収集・蓄積している。このデータをもとに、リアルタイムでの道路の混雑状況や、通行実績情報、交通量マップなどを作成。この情報をクラウドサービスとして提供する。

このサービスでは、自治体や企業は、自身が持つデータと重ね合わせてマップに表示させることが可能で、コメントや写真の投稿機能もある。利用者はパソコンやスマートフォン、タブレット端末で情報を閲覧できる。

具体的な利用シーンとしては、物流企業で渋滞の少ない配送ルートの探索や車両の位置管理などへの活用が見込まれるほか、自治体では災害時の交通状況や被災状況の把握、緊急車両の迂回ルートの探索などに用いることができる。

次ページトヨタの狙いとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT