トヨタ、ハイブリッド王者のすごみ

累計販売500万台を突破、その競争力とは

トヨタが小型HV専用車として投入した「アクア」は12年度販売ランキングでトップを奪取

世界初のハイブリッド車(HV)として登場した初代「プリウス」の発売から15年――。トヨタ自動車のHVの販売が、今年3月末まででついに累計500万台を突破した。初代「プリウス」の開発責任者を務めた内山田竹志副会長は、「感無量。よくぞここまで普及してくれた」と感慨深げに話す。

トヨタをはじめとする自動車各社の相次ぐ商品投入もあり、環境意識の高い先進国ではHVの普及が加速している。HVの強みは、既存の燃料インフラを活用して燃費を大きく伸ばせる点だ。

国内ではトヨタ新車の4割がHV

2012年にはトヨタの販売全体のうち、HVは世界で14%、日本では40%を占めた。日本国内の12年度ブランド別販売ランキングではHV専用車「アクア」「プリウス」がワンツーフィニッシュ。専用車でなくても、「クラウン」や高級車「レクサス」シリーズなどのHV仕様も好調だ。トヨタは「環境を重視する国では、将来的にHVが過半数になるのではないか」(内山田氏)と強気な見方を示す。

トヨタは現在、家庭用電源などから直接バッテリーに充電できるHVである「プラグインハイブリッド車」(PHV)1車種と合わせ、ハイブリッド技術を使用したHV20車種を80カ国で販売している。さらに、15年末までに新型HVを18車種投入する予定だ。

今でこそトヨタの顔となったHVだが、初代プリウスの発売当初は暗中模索だった。内山田氏は「無事に世の中に送り出せないかもしれないのではないかとも思った」と明かす。

次ページ「プリウス」販売の軌跡は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT