ホンダ、新型フィットHVで“アクア超え”

36.4km/L達成、内外装デザインも初公開

ホンダは7月19日、9月上旬にフルモデルチェンジ(全面改良)する新型「フィット」のハイブリッド車(HV)で、ガソリン1リットル当たり36.4キロメートルの低燃費を達成すると発表した。トヨタのコンパクトHV「アクア」の35.4キロメートル/リットルを抜き、電気自動車・プラグインHVを除く国内最高水準の低燃費車となる。新型フィットHVで、アクアとプリウスとのHV二枚看板で独走するトヨタに反撃を挑む。

今回の発表に併せて、内外装の写真も初めて公開した。新型フィットHVには、昨年11月に公表した1モーター式のハイブリッドエンジンを搭載する。このハイブリッドエンジンは、モーター出力を高めたほか、モーターのみでの走行も可能にするなど、従来のハイブリッドシステム「IMA」を完全に刷新、システムとしては35%の燃費向上を果たした。

カタログ燃費の差大きく、トヨタの後塵排する

従来のIMAは、トヨタのHVシステムに比べて低コスト・小型化に優れていたものの、燃費性能では劣っていた。現行のフィットHVは、カタログ燃費では26.4キロメートル/リットルとアクア、プリウスをかなり下回っており、これが販売にも響いた。実際の燃費でみればさほど引けをとらないとはいえ、カタログ数字の差は大きく、HVでトヨタに水をあけられてしまった。

車内空間の広さやデザイン性など総合性能ではフィットもアクアに劣らないと自負するホンダ陣営だが、「プリウスはともかく、アクアがあんなにヒットするとは想像できなかった」(ホンダ技術者)と悔しがる。こうした反省をもとに、今回、新型フィットHVの投入にあたってはカタログ燃費でもナンバーワンを取ることにこだわった。

次ページ内装のデザインは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT