ホンダ、新型フィットHVで“アクア超え”

36.4km/L達成、内外装デザインも初公開

ホンダは7月19日、9月上旬にフルモデルチェンジ(全面改良)する新型「フィット」のハイブリッド車(HV)で、ガソリン1リットル当たり36.4キロメートルの低燃費を達成すると発表した。トヨタのコンパクトHV「アクア」の35.4キロメートル/リットルを抜き、電気自動車・プラグインHVを除く国内最高水準の低燃費車となる。新型フィットHVで、アクアとプリウスとのHV二枚看板で独走するトヨタに反撃を挑む。

今回の発表に併せて、内外装の写真も初めて公開した。新型フィットHVには、昨年11月に公表した1モーター式のハイブリッドエンジンを搭載する。このハイブリッドエンジンは、モーター出力を高めたほか、モーターのみでの走行も可能にするなど、従来のハイブリッドシステム「IMA」を完全に刷新、システムとしては35%の燃費向上を果たした。

カタログ燃費の差大きく、トヨタの後塵排する

従来のIMAは、トヨタのHVシステムに比べて低コスト・小型化に優れていたものの、燃費性能では劣っていた。現行のフィットHVは、カタログ燃費では26.4キロメートル/リットルとアクア、プリウスをかなり下回っており、これが販売にも響いた。実際の燃費でみればさほど引けをとらないとはいえ、カタログ数字の差は大きく、HVでトヨタに水をあけられてしまった。

車内空間の広さやデザイン性など総合性能ではフィットもアクアに劣らないと自負するホンダ陣営だが、「プリウスはともかく、アクアがあんなにヒットするとは想像できなかった」(ホンダ技術者)と悔しがる。こうした反省をもとに、今回、新型フィットHVの投入にあたってはカタログ燃費でもナンバーワンを取ることにこだわった。

次ページ内装のデザインは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。