日産のEV「リーフ」が売れないワケ

テコ入れに躍起

日産自動車は11月20日、電気自動車(EV)「リーフ」(=上写真=)を一部改良(マイナーチェンジ)して発売した。車体の軽量化やモーター、インバーターなど駆動装置の全面的な刷新により、フル充電での航続距離を228キロメートル(従来[旧型]は200キロメートル)に引き上げたのが特徴だ。

標準価格はほぼ据え置きとしたうえで、新たにカーナビを省いたり、空調・内装を簡素化した「Sグレード」も設定した。Sグレードは335万円で、補助金分を控除した実質価格で250万円を切る価格に設定した。

2010年12月に、本格的なEVとして世界で初めて市場に投入されたリーフは、現時点までの全世界累計販売台数が約4万3000台、日本で1万9000台、米国で1万7000台、欧州その他で7000台となっている。

実売は生産能力に達しない水準

それなりの実績にも見えるが、日産のもくろみどおりには売れていない。というのも、日産では神奈川県の追浜工場で年間5万台の生産能力を保有しており、能力に比べると4割程度の販売実績にとどまっているからだ。

リーフの心臓部であるバッテリー

EV普及の足かせになっているのが、なんと言っても1回の充電で走れる航続距離の短さである。顧客の不満もこれがいちばん大きい。バッテリー保護の関連から日産では充電は80%程度にとどめることを推奨しており、その場合の航続距離は、旧型で160キロメートル、今回の新型でも182キロメートルとなる計算。しかもこれはエアコンを使わない場合のカタログ値なので、実際にはこれよりも相当短い。

今回、軽量化などの積み上げで20キロメートル程度の航続距離引き上げを実現した。だが、これでは根本的な問題の解決にはなっていない。

次ページガソリン車に対抗するには?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?