あのテスラ「モデルS」に乗ってみた!

米国生まれのプレミアムEV、500kmを1000円で走る

テスラ「モデルS」の何にいちばん驚いたかといえば、アクセル操作に対する機敏なレスポンスだ。踏めば踏んだ分だけ、しっかり加速する。しかも相当速い。そして、走りの質感に特に不自然さを感じなかったことは、良い意味で事前の予想を裏切った。

テスラ・モーターズ。高級タイプの電気自動車(EV)をつくる米国発のベンチャーの名を、耳にしたことのある人も少なくないだろう。2008年に最初のモデルとして売り出したスポーツカータイプの「ロードスター」は、米国のセレブを中心に人気を博し、全世界で限定2500台を2012年までに売り切った。2010年にはトヨタ自動車と電気自動車の開発で資本業務提携を結んでいる。

そのテスラが第2世代として送り出した車種の一つが、モデルSだ。2012年6月、米国で納車を開始した4ドアタイプのプレミアム電気自動車である。

米国では1万5000台を販売

米国での車両本体価格は最も手頃な仕様で約7万ドル(約700万円)。日本でもかなりの高級車に付けられるプライスだが、すでに米国で約1万5000台を販売。2013年夏には欧州でも納車が始まった。

日本での販売価格は未定だが、現在、予約を受け付けており、納車開始は2014年春(来春)の予定となっている。

(※編集部註)その後日本での納車開始は2014年9月8日となった。日本仕様の価格は823万~1081万8000円(税込み)。

10月上旬。記者は、そのモデルSに試乗する機会を得た。テスラに試乗車を用意してもらい、東京都内の一般道路を約1時間にわたって運転した。日本では、原則として東京・青山のショールーム、大阪、福岡のオフィスに試乗車があるが、それでもほとんどの日本人が未体験のクルマだろう。

次ページハイテク要素が満載
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT