あのテスラ「モデルS」に乗ってみた!

米国生まれのプレミアムEV、500kmを1000円で走る

テスラ「モデルS」の何にいちばん驚いたかといえば、アクセル操作に対する機敏なレスポンスだ。踏めば踏んだ分だけ、しっかり加速する。しかも相当速い。そして、走りの質感に特に不自然さを感じなかったことは、良い意味で事前の予想を裏切った。

テスラ・モーターズ。高級タイプの電気自動車(EV)をつくる米国発のベンチャーの名を、耳にしたことのある人も少なくないだろう。2008年に最初のモデルとして売り出したスポーツカータイプの「ロードスター」は、米国のセレブを中心に人気を博し、全世界で限定2500台を2012年までに売り切った。2010年にはトヨタ自動車と電気自動車の開発で資本業務提携を結んでいる。

そのテスラが第2世代として送り出した車種の一つが、モデルSだ。2012年6月、米国で納車を開始した4ドアタイプのプレミアム電気自動車である。

米国では1万5000台を販売

米国での車両本体価格は最も手頃な仕様で約7万ドル(約700万円)。日本でもかなりの高級車に付けられるプライスだが、すでに米国で約1万5000台を販売。2013年夏には欧州でも納車が始まった。

日本での販売価格は未定だが、現在、予約を受け付けており、納車開始は2014年春(来春)の予定となっている。

(※編集部註)その後日本での納車開始は2014年9月8日となった。日本仕様の価格は823万~1081万8000円(税込み)。

10月上旬。記者は、そのモデルSに試乗する機会を得た。テスラに試乗車を用意してもらい、東京都内の一般道路を約1時間にわたって運転した。日本では、原則として東京・青山のショールーム、大阪、福岡のオフィスに試乗車があるが、それでもほとんどの日本人が未体験のクルマだろう。

次ページハイテク要素が満載
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。