あのテスラ「モデルS」に乗ってみた!

米国生まれのプレミアムEV、500kmを1000円で走る

画像を拡大
ボンネットに荷物が積める

シャープでカッコいい。モデルSの試乗車を一目見て思った。派手ではないが、デザインは洗練された雰囲気を感じた。動力系統のバッテリーやモーターなどを床下に収納しており、ボンネットを開けるとトランクのように荷物が積める。リアにエンジンを積むポルシェのようだ。

モデルSは普通のセダンのように通常は5人乗りだが、リアの荷物収納スペースに、折りたたみのできる子供2人分のシートがオプションで付けられる。長時間はさすがにきついかもしれないが、最大7人乗りでの移動も可能なのである。

画像を拡大
後部には子供用シート

内装はハイテクな要素が満載。センターコンソールには、アップルのiPad(アイパッド)を2枚ぐらい重ねたような巨大なタッチパネル式の液晶画面がある。

これは車内の電装機器の操作や足回りの調整などのほか、モバイル機器との接続も想定された設計となっている。さすが、新世代企業が生み出したクルマといったところだ。

肝心の乗り味はどうだったか。記者はかつて自動車関係会社に勤め、小型車から高級車、スポーツカーなど、さまざまな車種に乗ったことがある。モータージャーナリストのように乗り味を細かく文章で表現はできないが、一般の方よりも車のことは少しだけ詳しい。その視点から、モデルSの試乗記をお届けしたい。

出足から鋭い加速

ガソリンエンジン車にしか乗ったことがない人が初めてモデルSに乗ったら、あまりの出足の良さにまずビックリするかもしれない。

自動車の出足を左右するのは、動力系のトルク。エンジン車はアクセルを踏み込み、燃料を一定量使って回転数を上げないとトルクが高まらないので、一気に加速といってもアクセル操作に対するタイムラグが生じる。ところが、モーターはゼロの状態から一気にトルクを出せるので、出足が鋭い。

次ページガソリン車との違いは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT