フェラーリ「F12」に乗ってみた!!

最強スポーツカーで体験した「異次元の走り」

排気量6262cc、740馬力の「フェラーリF12ベルリネッタ」

アクセルを少し強めに踏んでみた。

記者が運転する「フェラーリF12ベルリネッタ」は、ほんの一瞬でスピードを急上昇させた。まるでジェット機が離陸態勢に入った瞬間のような、強烈な加速である。

「速い!!」。事前の想定を超えたあまりのものすごさに正直驚いてしまい、すぐに右足をアクセルからブレーキに踏み替えた。少し強めにアクセルを踏み込めた時間は、2秒あったかどうか。安全運転が必須であり、交通法規も守らなければならないという大前提はあったが、そんなことよりも先に、危険を察知するように体が反応していた。これまで、かなり速いと言われるスポーツカーや高級車を数車種運転したことがあるが、こんな感覚は初めてだ。

10月5日。東京都内某所。記者はイタリアのスポーツカー「フェラーリ」の最高峰モデルであるF12に試乗した。ちゃんと運転席に座り、ハンドル、アクセル、ブレーキを使って、実際に運転したのである。

「一介の経済記者がなぜ、フェラーリに?」。読者の皆さんの大半がそう思って、この記事を読み始めたのではないだろうか。そこで詳しい試乗記に入る前に、経緯を少し説明させてもらいたい。

次ページ超高級車の価格は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。