フェラーリ「F12」に乗ってみた!!

最強スポーツカーで体験した「異次元の走り」

排気量6262cc、740馬力の「フェラーリF12ベルリネッタ」

アクセルを少し強めに踏んでみた。

記者が運転する「フェラーリF12ベルリネッタ」は、ほんの一瞬でスピードを急上昇させた。まるでジェット機が離陸態勢に入った瞬間のような、強烈な加速である。

「速い!!」。事前の想定を超えたあまりのものすごさに正直驚いてしまい、すぐに右足をアクセルからブレーキに踏み替えた。少し強めにアクセルを踏み込めた時間は、2秒あったかどうか。安全運転が必須であり、交通法規も守らなければならないという大前提はあったが、そんなことよりも先に、危険を察知するように体が反応していた。これまで、かなり速いと言われるスポーツカーや高級車を数車種運転したことがあるが、こんな感覚は初めてだ。

10月5日。東京都内某所。記者はイタリアのスポーツカー「フェラーリ」の最高峰モデルであるF12に試乗した。ちゃんと運転席に座り、ハンドル、アクセル、ブレーキを使って、実際に運転したのである。

「一介の経済記者がなぜ、フェラーリに?」。読者の皆さんの大半がそう思って、この記事を読み始めたのではないだろうか。そこで詳しい試乗記に入る前に、経緯を少し説明させてもらいたい。

次ページ超高級車の価格は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT