フェラーリ「F12」に乗ってみた!!

最強スポーツカーで体験した「異次元の走り」

排気量6262cc、740馬力の「フェラーリF12ベルリネッタ」

アクセルを少し強めに踏んでみた。

記者が運転する「フェラーリF12ベルリネッタ」は、ほんの一瞬でスピードを急上昇させた。まるでジェット機が離陸態勢に入った瞬間のような、強烈な加速である。

「速い!!」。事前の想定を超えたあまりのものすごさに正直驚いてしまい、すぐに右足をアクセルからブレーキに踏み替えた。少し強めにアクセルを踏み込めた時間は、2秒あったかどうか。安全運転が必須であり、交通法規も守らなければならないという大前提はあったが、そんなことよりも先に、危険を察知するように体が反応していた。これまで、かなり速いと言われるスポーツカーや高級車を数車種運転したことがあるが、こんな感覚は初めてだ。

10月5日。東京都内某所。記者はイタリアのスポーツカー「フェラーリ」の最高峰モデルであるF12に試乗した。ちゃんと運転席に座り、ハンドル、アクセル、ブレーキを使って、実際に運転したのである。

「一介の経済記者がなぜ、フェラーリに?」。読者の皆さんの大半がそう思って、この記事を読み始めたのではないだろうか。そこで詳しい試乗記に入る前に、経緯を少し説明させてもらいたい。

次ページ超高級車の価格は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT