スバル「WRX」は何がスゴイのか

実用と走りを両立させたスポーツ・セダン

「WRX STI」のリアスタイル。空力性能を向上させるための大型リヤスポイラーは、「WRX STI」ではメーカーオプション、上級の「WRX STI TypeS」では標準装備となる

8月25日、恵比寿に新しくオープンした富士重工・新社屋にて、「WRX S4」と「WRX STI」がデビューした。先代までの「WRX」はインプレッサの派生車種だったが、今回からは「WRX」という独立したセダンとなった。発表に先んじて、7月31日、富士スピードウェイにて限られたジャーナリストに試乗の好機が与えられた。発表会の様子は関連記事にお譲りし、ここでは試乗した感想について詳報しよう。

初代WRXは1992年に登場

インプレッションに入る前に、このモデルの成り立ちについて、少々、触れておく。1992年に登場した初代「WRX」は、インプレッサをベースにラリーで勝つために生まれた歴史を持つ。1993年から世界ラリー選手権(WRC)に参戦し、3連覇を達成した。

3代目からはニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦。世界に名だたるレースを通じて、単に速さを競うだけではなく、信頼を高めることの重要性を学んだという。 その「WRX」が今回、インプレッサを離れて独立したセダンになった理由は、メインとするレガシィが大きくなり過ぎたことがある。その結果、日本市場専用のレヴォーグが登場し、ノッチバック・スタイルのインプレッサとの溝を埋めた。しかし、レヴォークはワゴン・ボディのみ。スバル・ファンのなかにはスポーツ・セダンを望む声が根強かった。

それゆえ、「WRX」をインプレッサから独立した車種として設定し、スポーツ・セダンの「WRX S4」と、よりスポーティな仕様の「WRX STI」の2車種を設定したのだ。

次ページレヴォーグを基本骨格にセダンとして設計
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。