さらばランエボ!君は本当に偉大だった

三菱自動車の高性能車が残した23年の功績

ランサーエボリューション ファイナルエディション(写真:三菱自動車ホームページより)

「ランサーエボリューション」の名前を知らない自動車好きは、ほとんどいないだろう。三菱自動車の乗用車「ランサー」(最新モデルの日本名は「ギャランフォルティス」)をベースに、ハイパワーなターボエンジンや強靱な足回りを搭載して走行性能を高め、専用の内外装で固めたスポーツモデルだ。1992年10月の初代登場から数えて約23年。ファンを中心に一部で絶大な人気を誇ってきたモデルの歴史が、幕を閉じた。

2週間で限定台数が完売

今年4月10日より先行予約の受け付けが始まった、「ランサーエボリューションX」の特別仕様車「ファイナルエディション」(価格429万8400円)は、2週間後の4月25日には早々に限定販売台数である1000 台に達し、受付終了となった。初代から数えて10代目で最新モデルを意味する「X」をベースにした、文字どおりの最終モデルである。契約者への納車は今夏になる見込みという。

ファイナルエディションの詳しい性能は現時点では非公開。今後明らかになるものの、ベース車であるランサーエボリューションXですら、最高出力300馬力、最大トルク43.0kgfのハイパワーを誇り、ライバルのスバル(富士重工業)「WRX STI」(308馬力、43.0kgf)としのぎを削っている。ファイナルエディションは排気量2000ccターボエンジンを搭載するモデルとしては、国産最強の水準まで性能を高めると想定される。

次ページ驚くほど売れた初代ランエボ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT