さらばランエボ!君は本当に偉大だった

三菱自動車の高性能車が残した23年の功績

ランサーエボリューション ファイナルエディション(写真:三菱自動車ホームページより)

「ランサーエボリューション」の名前を知らない自動車好きは、ほとんどいないだろう。三菱自動車の乗用車「ランサー」(最新モデルの日本名は「ギャランフォルティス」)をベースに、ハイパワーなターボエンジンや強靱な足回りを搭載して走行性能を高め、専用の内外装で固めたスポーツモデルだ。1992年10月の初代登場から数えて約23年。ファンを中心に一部で絶大な人気を誇ってきたモデルの歴史が、幕を閉じた。

2週間で限定台数が完売

今年4月10日より先行予約の受け付けが始まった、「ランサーエボリューションX」の特別仕様車「ファイナルエディション」(価格429万8400円)は、2週間後の4月25日には早々に限定販売台数である1000 台に達し、受付終了となった。初代から数えて10代目で最新モデルを意味する「X」をベースにした、文字どおりの最終モデルである。契約者への納車は今夏になる見込みという。

ファイナルエディションの詳しい性能は現時点では非公開。今後明らかになるものの、ベース車であるランサーエボリューションXですら、最高出力300馬力、最大トルク43.0kgfのハイパワーを誇り、ライバルのスバル(富士重工業)「WRX STI」(308馬力、43.0kgf)としのぎを削っている。ファイナルエディションは排気量2000ccターボエンジンを搭載するモデルとしては、国産最強の水準まで性能を高めると想定される。

次ページ驚くほど売れた初代ランエボ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT