さらばランエボ!君は本当に偉大だった

三菱自動車の高性能車が残した23年の功績

思えば筆者が自動車メディア業界に身を投じたのも1992年の春だ。同じ時代を送り、ずっと関心を持って接してきたランサーエボリューションが消滅してしまうのは寂しいかぎりである。ここで改めてその歴史と功績を振り返っておきたい。

初代は3日間で2500台が完売

そもそも「ランエボ」または「エボ」などの愛称で親しまれるランサーエボリューションのような車が誕生した理由は、WRC(世界ラリー選手権)を戦うためだ。当時ひとクラス上のギャランでWRCに参戦していた三菱は、より軽量で機動性に優れるランサーをベースに、ギャランでもすでに高く評価されていた4G63型という高性能エンジンを搭載しようと考えた。

初代ランサーエボリューション(写真:三菱自動車ホームページより)

そうして開発されたのが、初代ランサーエボリューション。1992年秋に世に送り出され、これが驚くほど売れた。当初の予定だった限定2500台はわずか3日間で完売し、さらに追加生産。最終的に当初の予定の3倍を超える販売台数をマークした。何しろ、当時のランサーはトヨタ自動車でいえば「カローラ」とほぼ同じクラスの小型セダンの車体に最高出力250馬力のハイパワーエンジンを搭載したのだ。なんともすさまじいモデルの登場だった。

そしてランサーエボリューションは「Ⅱ」「Ⅲ」「Ⅳ」……などとモデルチェンジで進化を続けるとともに、同じ境遇から生まれたスバル「インプレッサWRX」と宿命のライバルとして対決を演じていく。

次ページ歴代モデルを振り返る
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT