さらばランエボ!君は本当に偉大だった

三菱自動車の高性能車が残した23年の功績

画像を拡大 ランサーエボリューション 歴代モデルの販売台数

まずは歴代モデルの販売台数を振り返ってみよう。

初代からの販売台数を累計すると実に約10万台にも上る。

そのランサーエボリューションの歴史は「初代エボ~Ⅲ」、「Ⅳ~Ⅵ」、「Ⅶ~Ⅸ」、そして「Ⅹ」と、大きく4世代に分けられる。

第1世代では、初代の1年あまり後にエボⅡに進化したときの変更点は小さかったのだが、その1年半後に登場したエボⅢでは、大幅に開口部を拡大し、大きなウイングを装着するなどした外観は、当時としてはとてもインパクトがあるものだったことを思い出す。

旋回性がアップした第2世代

ランエボIV (写真:三菱自動車ホームページより)

続く第2世代で、エボは大きく変わる。ひとつの大きなポイントが、「AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)」の採用だ。

これはシンプルにいうと、コーナリング時に、曲がりたい方向の外側の外輪を増速させるという機構で、当初は旋回時に外に膨らみやすくなる「アンダーステア」が強いことが指摘されたランサーエボリューションは、こうしてハイテクを駆使した4輪の駆動力制御によって旋回性能の向上を図ることで、コーナリングマシンへと変化していく。

当初はどちらかというと、エンジンのランサーエボリューション、ハンドリングのインプレッサというイメージが強かったが、この頃から関係が逆転した。

また、エンジン最高出力が280馬力に達したのはエボⅣ。当時の日本車にはメーカーの自主規制としてエンジンの最高出力を280馬力超にしないという「280馬力規制」があった。ただ、その水準に到達していたのは2500~3000cc級以上の大排気量エンジンであり、2000ccのエボⅣが280馬力を達成してしまったというのは、エポックメイキングな出来事だった。

そんなエボⅣは、スタイリングのよさや販売期間の長さもあって、歴代最高の販売台数をマーク。次のエボⅤでは、ついに5ナンバー枠(全幅1700ミリメートル未満)を脱し、大迫力のワイドボディを手に入れる。世の高性能車がこぞって採用している、イタリアの名門ブレンボ製ブレーキキャリパーも採用したのもエボⅤからだ。そんなエボⅤは、これまで以上にモータースポーツでも好成績を収めた。

次ページACD搭載の第3世代
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT