トヨタ「エスティマ」が全面改良しない理由

新型ミニバン「エスクァイア」が後継車?

「エスティマ」シリーズはトヨタ店、トヨタカローラ店での扱いとなっている

トヨタ自動車の大型ミニバン「エスティマ」。1990年発売の初代から数えて3代目となる現行モデルは2006年1月の登場から、もうすぐ丸9年になる。

初代は9年(1990~1999年)、2代目は5年(2000~2005年)というサイクルで次期型に切り替わった。3代目もそろそろフルモデルチェンジ(全面改良)してもよさそうな頃合いだが、まるでそんな気配がない。現行エスティマから2年遅れの2008年5月に登場したトヨタの大型ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」が、約5年半が経過する2015年初頭にフルモデルチェンジを控えているのと対照的だ。

「天才タマゴ」のキャッチコピーで知られる丸みを帯びた外観で1990年に誕生した初代エスティマはミニバンブーム前夜の日本の自動車市場に衝撃を与え、スタイリッシュな多人数乗り車を好むファンを獲得した。1994年にホンダ「オデッセイ」の登場でミニバンブームが確立され、各社がさまざまなミニバンを投入し、多様化していった中でもエスティマはミニバンカテゴリのスペシャルティカーとして異彩を放ち続けてきた。

モデル末期でも月販3000台近い

現行の3代目エスティマ(エンジン排気量2400、3500cc、ハイブリッドモデル<HV>設定あり、7/8人乗り、車両本体価格は287万円~)はいまだ古さを感じさせず、売れ行きも悪くない。昨2013年度(2013年4月~2014年3月)の販売は3万5669台。消費増税前の駆け込みがあったとはいえ、モデル末期ともいえるタイミングで月販平均3000台近く。立派なロングヒットである。

日本市場でこれだけのミニバンブランドを確立しているエスティマを、なぜトヨタはフルモデルチェンジしないのか――。トヨタ関係者は次期型の存在を否定しないが肯定もしない。少なくとも現時点で、自動車雑誌の観測記事なども含めてフルモデルチェンジの確証情報はない。

2014年10月29日にトヨタが発表した新型ミニバン「エスクァイア」

この謎を解くカギはある新型車の存在にある。今年10月末発売の新型ミニバン「エスクァイア」(同1800、2000cc、HV設定もあり)。自動車雑誌をはじめ業界関係者の間では、「エスティマの後継車」とも見る向きもあるクルマだ。

トヨタは12月2日、エスクァイアの受注が発売から約1カ月間で約2万2000台と、月販販売目標(4000台)の約5.5倍の出足になったと発表した。内訳はガソリンエンジン車が約8500台、HVモデルが約1万3500台。約6割がHVだ。

次ページエスクァイアとはどんなクルマ?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT