トヨタ「エスティマ」が全面改良しない理由

新型ミニバン「エスクァイア」が後継車?

一方で、エスクァイアはノア/ヴォクシーと同様に日本専用モデルであり、それだけ日本のユーザーの需要に応える造りがなされている。エスティマと比べるとボディサイズは小さいが、スクエアな形状により室内はむしろ広く感じられる。インテリアもわかりやすく高級感をアピール。シートアレンジのバリエーションも多彩で収納スペースも充実しており、使い勝手も高い。

走りの味付けはヴォクシー/ノアと基本的に共通で、むろんエスティマに比べると、設計年次こそ新しいが、トレッドやホイールベース、重心高の違いなどによる基本的な素性の違いは拭えないものの、そつなくまとまっていて大きな不満はない。

「エスティマの代わりではない」というものの…

トヨタの開発担当者は「エスクァイアを決してエスティマの代わりにしようとしたワケではない」と話すが、さまざまな要素を鑑みるとエスティマのフルモデルチェンジを待たずに国内市場を開拓していくため、専用の新型ミニバンとしてエスクァイアが投入されたという側面はありそうだ。

一時期は車高を落とし、エアロパーツをまとってど派手にドレスアップしたエスティマをよく見かけたものだが、今、それが圧倒的に多いのはアルファード/ヴェルファイア。エスティマを買い求めるのは、子育て期にミニバンを愛用して、その便利さを知り、やがて子供が独立してミニバンは不必要になったが、便利だからとミニバンを選び、経済力もあるという人が多いのだという。

これらの状況を鑑み、あまりエスティマの次期モデルの開発を急ぐ必要はないとトヨタも考えているのかもしれない。ただ、先進性やスペシャリティなミニバンといえば、やっぱりエスティマが思い浮かぶ。トヨタにもいろいろ事情はあるだろうが、もし開発を進めているのならば少しでも早く次期型の姿を見たい、というのがエスティマファンの本音であろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT