トヨタ「エスティマ」が全面改良しない理由

新型ミニバン「エスクァイア」が後継車?

全高1.8メートル以上、1800~2000cc級の7/8人乗りミニバンは日産自動車「セレナ」やホンダ「ステップワゴン」などの強豪がひしめく超激戦区。ライバルメーカーだけでなくトヨタ自身も2014年1月にフルモデルチェンジした「ノア」「ヴォクシー」が同じカテゴリーで、その新車効果も残っている。その中でエスクァイアは車両本体価格が259万円台からと、同224万円台からとなるノア/ヴォクシーの上級版に位置づけられている。

実は自動車系メディア関係者の間ではエスクァイアの外観デザインは評判が決してよくなかった。加えて消費増税の影響で新車販売が苦戦しているご時世でもある。それでもエスクァイアは、かなり好調なスタートを切ったと言っていいだろう。

トヨタ店、トヨペット店が待ち望んでいた

受注を伸ばした要因の一つには販売チャネルが挙げられる。トヨタにはレクサスを除けば4系列の販売店があるが、このうちノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店で扱っている。運転しやすい手頃なサイズで、エンジンもそれほど大きくなく、多人数がゆったり乗れるというクルマ。残るトヨタ店、トヨペット店にはこのカテゴリーのミニバンがなく、いわば待ち望んでいた。

エスクァイアのリアスタイル。スクエアなデザインが室内の広さをつくっている

エスクァイアのターゲットは、基本的には子育てファミリーだが、ノア/ヴォクシーのように「ファミリー」というキーワードを前面に押し出しておらず、少し値も張るがトヨタ店とトヨペット店は上級車の販売が強く、それぞれの顧客層とうまくマッチしているようだ。

トヨタには2400~3500cc級の大型ミニバンとしてアルファード(トヨペット店)、ヴェルファイア(ネッツ店、いずれも車両本体価格は308万円台~)があり、ノア/ヴォクシーとの間の価格帯はこれまでエスティマが担ってきた側面もある。

ただ、エスティマは一定ファンを獲得しているとはいえ、ミニバンの中ではスペシャリティカーとしての要素が強いうえ、「プレビア」の車名で海外でも売られているモデルだ。サイズも日本の狭い道路を考えると少し大きめだ。

次ページ日本専用モデルという強み
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT