トヨタ「SAI」が売れなかった理由

HV専用の“小さな高級車”、挽回狙い大変身

「プリウス」「アクア」。2012年度の国内新車販売ランキング(軽自動車を除く)で、ワンツーフィニッシュを飾ったのは、トヨタ自動車のハイブリッド(HV)専用車だった。エンジンとモーターを併用して走るHVは、既存の燃料インフラを使って燃費を高められるのが利点。現時点のエコカーでは最有力の存在だ。環境意識の高まりに加えて、ガソリン価格の高止まりなどの要因から人気を博し、2車種ともに月間2万台以上のペースで売れた。

従来モデルの月間販売は500台前後

一方、“ドル箱のはず”のHV専用車としてトヨタから華々しくデビューし、プリウス、アクアと同様にトヨタ全系列(トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店、レクサス除く)で販売するという破格の扱いながらも、その期待ほど売れてこなかったクルマがある。2009年に登場したセダン「SAI」(サイ)だ。ここ最近の月間販売台数は500台前後で、プリウス、アクアとは比べるべくもない。

そのSAIが、挽回を期した大変身に打って出た。

トヨタは8月29日、SAIをマイナーチェンジ(一部改良)して発売した。外観や内装のデザインを「フルモデルチェンジ(全面改良)並み」(商品企画担当の加藤亨主査)に大きく刷新。HVの特徴である燃費性能(JC08モード)もガソリン1リットル当たり22.4キロメートルと、同21.0キロメートルだった従来モデルから同1キロメートルも向上するとともに、静粛性や乗り心地なども高めた。

車両本体価格は321万~421万円。最も手頃な仕様ではナビゲーションを標準装備から外し、従来モデルよりも17万円引き下げた。販売目標は月間2000台に設定し、これまでの4倍程度への引き上げをもくろむ。

次ページマイナーチェンジにかける意気込み
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT