トヨタ「SAI」が売れなかった理由

HV専用の“小さな高級車”、挽回狙い大変身

新モデルのフロントマスク。超ワイドのヘッドランプは真ん中から端までつながるほどの大きなサイズになっている
「SAI」旧モデル。フロントマスクは新モデルでは大胆にモデルチェンジされている

今回のマイナーチェンジで外観のフロント、リアのさまざまな部分を大きく変え、最低価格を少し引き下げたのには、こうした背景がある。

新モデルの外観で特徴的なのは、フロントマスク。クルマのデザインを決定づける要素の一つであるヘッドランプは、「超ワイド」として、真ん中から端までつながるほどの大きなサイズとした。

こうした形状は珍しく、技術的にも難しい課題をクリアしたという。「パッと見て高級感のある分かりやすいデザインとした」(加藤主査)。デザイン部の柴田秀一室長は「お客様の記憶に残るエモーショナルで先進的なデザインを突きつめた」と胸を張る。実車を見ると、確かに従来モデルにはなかった迫力が出ている。

セダン離れが進む国内新車市場

ただ、今回のSAIは従来モデルの弱点をつぶしてはきたが、そもそも難しい立ち位置にある。そもそも国産車ではセダンというマーケットが、冷えている。セダンとは4ドアでボンネットとトランクを持つ5人乗りの車。昭和の時代までは、乗用車といえばどれもこれもセダンだった。消費者は排気量や車体の大きさ、価格に応じて自分に見合う車種を選んでいた。

ところが、平成に入ると時代は一変。ミニバンやコンパクトカー、SUV(スポーツ多目的車)など車種の選択肢が広がり、セダン離れが進んだ。トヨタも「コロナ」や「カリーナ」といったかつての定番セダンを廃止。「マークⅡ」は「マークX」に名前を変え、伝統の「クラウン」ですら右肩下がりの販売を強いられてきた。この状況で、トヨタ内でも競合車が多く、HV専用という利点を最大限に生かせないSAIが埋没してしまいがちなのは仕方がない。

次ページ“小さな高級車”は古くて新しい課題
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT