トヨタ「SAI」が売れなかった理由

HV専用の“小さな高級車”、挽回狙い大変身

「SAI」新型モデルの内部

過去の“小さな高級車”は定着せず

トヨタは“小さな高級車”に、以前から挑んでいた。1998年~2007年に販売していた「プログレ」と、2001年に登場し、プログレと同様に2007年に販売を終えた「ブレビス」がそうだ。しかし、いずれの車名も次世代モデルへ引き継がれなかったことが示しているように、販売面ではトヨタが期待したような成果を残せなかった。“小さな高級車”はトヨタにとって鬼門なのである。

また、そもそもトヨタはレクサスという高級車ブランドを持ち、レクサスは全車種にHV仕様が設定されている。高級車ユーザーにとっては、高級ブランドに対する信頼感や親しみ、保有することへの優越感がある。トヨタにはレクサスがある一方で、トヨタブランドで新しい高級車を確立していくというのは、内なる矛盾でもあり、簡単ではない。大胆チェンジで浮上を狙うSAIだが、トヨタにとっての難しい問題が見え隠れしている。

(撮影:今井 康一)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT