トヨタ「クラウン」の憂鬱

大胆チェンジに踏み切った3つの理由

トヨタ自動車の看板車種「クラウン」。トヨタのみならず、日本を代表する高級セダンだ。個人向けだけでなく社用車や個人タクシーなど法人向けでも広く使用され、社会的な成功者が乗る車と認知されている。

だが、当のトヨタからは、クラウンの存在や位置づけについて静かな苦悩ぶりがうかがえる。

トヨタは12月25日、「クラウン」を5年ぶりにフルモデルチェンジ(全面改良)し、販売を開始した。価格は353万~543万円。月間販売台数は4000台を目指している。

14代目に生まれ変わった新型クラウン。今回のモデルチェンジで大きな話題を呼んでいるのが、クルマの顔ともいえるフロントグリル部のデザインが大きく変更されたことだ。フォーマルスタイルの「ロイヤル」シリーズ、スポーティなスタイルの「アスリート」シリーズともに、従来よりも“動的”なデザインが採用された。

「トヨタも、クラウンも変わらなければならない」

「日本の自動車市場は新車を出しさえすれば乗り換えてくれる時代は過ぎた。本当に欲しいと思うクルマを作らないと買ってもらえない。あえてクラウンの保守的なイメージを覆すデザインを採用した。日本の自動車産業が置かれた厳しい状況を乗り越えるためには、トヨタも、クラウンも変わらなければいけない」。同日、東京・渋谷の渋谷ヒカリエで発表会に臨んだ豊田章男社長は強調した。

次ページクラウンは日本経済の縮図
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。