フェラーリ「F12」に乗ってみた!!

最強スポーツカーで体験した「異次元の走り」

「フェラーリに試乗できるイベントの案内が届いてるんだけど・・・」

「フェラーリ?・・・マジですか?」

社内の同僚記者から、クリスティーズ ジャパンとコーンズ・モータースが共催するイベントの案内状を手渡されたのは9月下旬のことだ。開催日は10月5日(土)、場所は東京都港区芝の「コーンズ フェラーリ東京ショールーム」と記されていた。

クリスティーズがオークションのプレビューで公開した時計

クリスティーズとは米国を本拠とする、腕時計や宝石、美術品などを扱う世界有数のオークションハウス。コーンズは、フェラーリのオフィシャルディーラーだ。

クリスティーズが11月にスイスのジュネーブで開催を予定している時計オークションに先立ち、東京でプレビューを催すのに併せて、コーンズとのコラボレーションにより、フェラーリの特別試乗会を同時に開くというのが、イベントの骨格だった。

最も安い車で2480万円!

クリスティーズの時計オークションは、往年のロレックスなど最高で「億円単位」もの超高級な逸品が取引される。かたやフェラーリといえば、言わずと知れた超高級スポーツカー。2013年10月現在で、コーンズが日本で販売している新車は、もっとも低い価格でも車両本体が2480万円もする。文字どおり一般のクルマとは1ケタ違う。

象徴である「跳ね馬」のエンブレム

クリスティーズとコーンズの2社が対象とする顧客層は、実業家や資産家、開業医など日本でも有数の超富裕層であろうことが推測され、それが共催イベントとなった理由だろう。そして今回、フェラーリに試乗できる機会を設けたというワケである。

それにしてもフェラーリである。クルマ好きでなくても、誰もが知り、憧れる超有名なスポーツカーだ。富裕層の多い東京の都心部でもそれほど目にしない。ちょっとしたカーマニアの記者の場合、フェラーリの姿を見かけると、走っていても止まっていても思わず目で追いかけてしまう。

流麗なデザイン。高い走行性能。エンジンを通って出てくるマフラー(排気管)の音は、一種の“サウンド”と言ってもいいほど官能的だ。褒めすぎだと指摘されることを承知のうえで表現すると、フェラーリは、いわゆる芸術品のようなものだと言っても差し支えない。「宝くじで高額当選したら、買うかもしれない」と、いつも妄想している。そんなあこがれの車に試乗できるというのだ。

次ページ用意されたのは4車種
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT