フェラーリ「F12」に乗ってみた!!

最強スポーツカーで体験した「異次元の走り」

F12の試乗に同乗してくれたコーンズのセールス担当者に言わせると、「今のフェラーリは普通に市街地でも走れますし、そのままサーキットに持ち込んでスポーツ走行も楽しめます」。この言葉にウソはない。こんな乗り心地の車が手に届く価格だったら欲しい。というか、マンションが買えるような価格の車だからこそ、この乗り味が実現できるというほうが正解かもしれない。

余談だが、条件がそろえば交差点などで信号待ちをしているときに、自動でエンジンが止まるアイドリングストップ機能なども付いている。足回りの乗り味を好みで選択できる機能をはじめ、ハイテクな要素も満載だ。

白やシルバーも人気

フェラーリのビジネス的要素に少し触れると、フェラーリと言えばボディカラーは赤の人気が圧倒的かと思いきや、白やシルバーなどを選ぶユーザーも少なくないようだ。F12は完全な2シータ-スポーツカーだが、「FF」のような4人乗りモデルもあるのは、一般ユーザーには意外な話かもしれない。コーンズでは新車販売時に一定期間経過後の下取り額を考慮するローンプログラムや、リースプログラムをそろえて客層の拡大を図っている。

シートの素材や色も選べる

フェラーリは内外装の色や素材などを、顧客好みの仕様に細かく設定できる。コーンズ フェラーリ東京ショールームには、コンピュータグラフィックス(CG)で再現しながら、実際の仕様を決めていくスペースや、ギャラリーのようにフェラーリ関連の本や写真が飾られたラウンジなどもある。

「誰もが知る存在ながら、実態を知る人はほとんどいない」。これが日本に住む一般の人がフェラーリに抱いているイメージだろう。いくらメディア関係者といっても自動車ジャーナリストでもない、一介の経済記者にとっても、フェラーリの運転は初めてで、こんな機会はもう二度とないかもしれない。

フェラーリは価格を考えれば、市販車では世界最高峰。自動車の最新技術が結集された存在でもあるワケだ。たった30分の試乗だったが、本当に実りある体験をしたというのが感想だ。「宝くじに高額当選したら、買いたい」。記者の妄想も、ますます膨らんだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT