フェラーリ「F12」に乗ってみた!!

最強スポーツカーで体験した「異次元の走り」

特徴的なインパネ

F12に搭載されるエンジンの排気量は6262cc。最高出力は740馬力もある。読者の皆さんが自家用車をお持ちなら、ぜひ馬力を調べて比べていただきたい。740馬力がいかに大きな数値かわかるだろう。

ほんの10年ぐらい前まで日本車には最高出力にメーカーの自主規制があり、それは280馬力だった。280馬力でも、普通のクルマからすればとんでもないパワーなのだが、740馬力というのはその2.6倍にも当たる。

本記事の冒頭で紹介したように、F12が速いのは当然だ。F12も含めての話だが、フェラーリの最新モデルは、どれもメーカー発表値での最高時速は300キロメートルを超え、停止時(時速0キロメートル)から時速100キロメートルにはいずれも3秒台で達してしまう。F12は最高時速340キロメートル以上、時速0→100キロメートルは3.1秒である。

絶妙なセッティング

ただ、想定をはるかに超えていたというものの、F12がすさまじく速いだろうというのはカタログ値などから事前にある程度、考えていた部分ではあった。エンジン、マフラーの音が官能的だったのもイメージどおり。一方、実際に運転してみると、まったく意外だったことに驚いた。F12は恐ろしく乗り心地がいいのだ。

後ろから見たF12ベルリネッタ

乗り心地という概念は、人の好みによって解釈が分かれるところだが、記者の知るスポーツカーや一般車でもスポーツタイプに設定されている仕様はたいてい、路面の凸凹に対してゴツゴツする印象がある。

足回りやボディなどさまざまな要素があるので、一概に言えないが、これは簡単に言うとハンドル操作に対して素早く反応できるようにするため、「足回りが堅い」というセッティングになる。

一方、高級セダンになると、ややフワフワした乗り味が多い。路面の凹凸に対してゴツゴツさせないようにした「軟らかい足回り」というやつだが、車酔いしやすい人は意外と体が受け付けない場合もある。

あくまで記者の体感でしかないが、F12の足回りは堅くもなく軟らかくもない絶妙なセッティングなのである。交差点やカーブでハンドルを切ったら、これまたスパッと本当に思い通りに曲がる。ブレーキも強烈に効くし、制動の姿勢も安定している。ドライバーの操作の裏側で、さまざまな電子制御技術が働いており、多少運転が下手な人でも安全に速く走ることができそうだと感じた。

次ページ人気の色は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT