レクサス、新型「IS」に乗ってみた

ハンドルを握って感じた、高級HVの真髄

アクセルを一気に床まで。その後、ブレーキをガツンと踏み込む――。滅多にない機会なので、少し思い切った運転をして、どんな挙動になるのかを試してみた。もちろん制限速度を守り、一般道における安全はちゃんと確保した。その上で振り返ると、新型「IS」は想定とは違う動きをした。「あれ?何でこんなに安定感があるんだろう?」。おそらく初めて味わった不思議な“感覚”が、最も印象に残った。

トヨタ自動車が7月中旬に東京都内で開いた、報道陣向けの試乗会。7年8カ月ぶりのフルモデルチェンジ(全面改良)で、5月16日に発売となった高級車ブランド、レクサスの新型ISに試乗した。

BMW「3シリーズ」、ベンツ「Cクラス」の対抗モデル

ISは2005年9月のレクサス誕生とともに投入された看板車種の一つで、トヨタはスポーツセダンと銘打っている。BMW「3シリーズ」、メルセデスベンツ「Cクラス」という、ドイツの2大高級車メーカーの代表車種への対抗を強く意識したモデルだ。

新型ISでは「IS350」(排気量3500ccのV型6気筒エンジン)、「IS250」(同2500cc)の従来グレードに加え、モーターとエンジンを併用するハイブリッド(HV)仕様「IS300h」(排気量2500ccの直列4気筒エンジンを搭載)が新たに設けられ、「LS」「GS」などのレクサスシリーズのすべてにHVがそろった。

試乗会では、新型ISの3タイプすべてが用意されたが、もちろん時間と枠には限りがある。記者は、HV仕様のスポーツタイプである「IS300h “F SPORT”」の試乗を要望した。新型ISは発売後1カ月間で月販目標800台の約9.5倍となる約7600台を受注したが、実はそのうち約7割がHV。後学のためにも、この売れ筋モデルの乗り味を知っておくべきだと思ったのが、試乗車を選んだ理由である。

次ページさて、IS300hの乗り味とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT