日産「X-TRAIL」の大変身に波紋

曲線的なデザインに変更、「デュアリス」も廃止

日産自動車は12月11日、中型SUV(多目的スポーツ車)「X-TRAIL(エクストレイル)」をフルモデルチェンジし、16日から販売すると発表した。新たに3列シート7人乗りを設定。今のところ排気量2リットルのガソリンエンジン車のみだが、1年以内にハイブリッド車も投入する。価格は224万9100円~279万7200円だ。

2000年に初代が登場し、日産を代表するSUVブランドといえるエクストレイル。3代目となる今回、クルマの性格づけを大幅に変えた。2代目まではアウトドア、オフロード志向を前面に打ち出しており、外観も直線的で角張ったデザインを採用。力強い伝統的なSUVのイメージを持っていた。

運転の快適性を重視

画像を拡大
丸みを帯びたエクストレイル

これに対し、新型は見ての通り、曲線的なデザインを採用、オフロード車の性格を薄め、乗用車としての性格を強めたクロスオーバーSUVとなっている。これまでクロスオーバーSUVとして同価格帯でラインナップしていた「デュアリス」は廃止した。

モデルチェンジによって、SUVとして悪路での走破性能は維持向上させつつ、収納スペースの充実などの快適性や、駐車の際にハンドルを自動操作する駐車支援機能、自動ブレーキ機能といった運転のしやすさを向上させている(一部機能はオプション)。

次ページデザインを変更した理由は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT