日産「X-TRAIL」の大変身に波紋

曲線的なデザインに変更、「デュアリス」も廃止

日産自動車は12月11日、中型SUV(多目的スポーツ車)「X-TRAIL(エクストレイル)」をフルモデルチェンジし、16日から販売すると発表した。新たに3列シート7人乗りを設定。今のところ排気量2リットルのガソリンエンジン車のみだが、1年以内にハイブリッド車も投入する。価格は224万9100円~279万7200円だ。

2000年に初代が登場し、日産を代表するSUVブランドといえるエクストレイル。3代目となる今回、クルマの性格づけを大幅に変えた。2代目まではアウトドア、オフロード志向を前面に打ち出しており、外観も直線的で角張ったデザインを採用。力強い伝統的なSUVのイメージを持っていた。

運転の快適性を重視

画像を拡大
丸みを帯びたエクストレイル

これに対し、新型は見ての通り、曲線的なデザインを採用、オフロード車の性格を薄め、乗用車としての性格を強めたクロスオーバーSUVとなっている。これまでクロスオーバーSUVとして同価格帯でラインナップしていた「デュアリス」は廃止した。

モデルチェンジによって、SUVとして悪路での走破性能は維持向上させつつ、収納スペースの充実などの快適性や、駐車の際にハンドルを自動操作する駐車支援機能、自動ブレーキ機能といった運転のしやすさを向上させている(一部機能はオプション)。

次ページデザインを変更した理由は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT