日産「X-TRAIL」の大変身に波紋

曲線的なデザインに変更、「デュアリス」も廃止

日産自動車は12月11日、中型SUV(多目的スポーツ車)「X-TRAIL(エクストレイル)」をフルモデルチェンジし、16日から販売すると発表した。新たに3列シート7人乗りを設定。今のところ排気量2リットルのガソリンエンジン車のみだが、1年以内にハイブリッド車も投入する。価格は224万9100円~279万7200円だ。

2000年に初代が登場し、日産を代表するSUVブランドといえるエクストレイル。3代目となる今回、クルマの性格づけを大幅に変えた。2代目まではアウトドア、オフロード志向を前面に打ち出しており、外観も直線的で角張ったデザインを採用。力強い伝統的なSUVのイメージを持っていた。

運転の快適性を重視

画像を拡大
丸みを帯びたエクストレイル

これに対し、新型は見ての通り、曲線的なデザインを採用、オフロード車の性格を薄め、乗用車としての性格を強めたクロスオーバーSUVとなっている。これまでクロスオーバーSUVとして同価格帯でラインナップしていた「デュアリス」は廃止した。

モデルチェンジによって、SUVとして悪路での走破性能は維持向上させつつ、収納スペースの充実などの快適性や、駐車の際にハンドルを自動操作する駐車支援機能、自動ブレーキ機能といった運転のしやすさを向上させている(一部機能はオプション)。

次ページデザインを変更した理由は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。