日テレのビッグデータがTV広告を変える?

O2O2Oで消費者がここまで見える

 

 

――ターゲットは小売り、メーカーのどちらになるのでしょうか。

日本テレビの安藤聖泰氏

店舗を持たないメーカーに利用していただくことに意味があると思いますが、小売りとメーカーの関係性も絡みます。原資を出すのはどちらなのか、という話があります。商品Aの広告にしても、ある特定の店舗に来店してもらうほうがいいのかなど、場合に応じて、変えていかなくてはいけないと思います。

メーカーと小売りの両者を、われわれテレビというメディアがどうつなげるかというところもポイントです。クライアント企業(メーカー)からは、多数のお問い合わせをいただいています。各所と話をしている真っ最中です。

――従来のテレビ広告がO2O2Oのようなクロスメディア型になったとき、広告代理店の役割は変わっていかざるをえませんね。

変わっていくでしょう。広告代理店もO2O2Oには非常に関心が高い。一緒に協力して模索していかなければ。売り方と言う意味では、広告代理店にとっても、腕の見せどころになるでしょう。

メーカーと小売りの原資をどちらが出すなど、いろんなパワーバランスの中でのやり取りになります。テレビ広告がより複雑化していく中で、どうビジネスとして組み立てられるかが共通の課題です。

――今後の目標などを教えてください。

今年は、成功モデルをお見せしたい。小売りも含めどの業界もO2Oへ動いています。おそらくかかわるプレーヤーみんなが同じ方向に向かっているのではないでしょうか。オンエア(テレビ放送)はオンライン(ネット)へ、オフライン(リアル店舗)はオンライン(ネット)へ、オンライン(ネット)からはオンエア(テレビ放送)やオフライン(リアル店舗)に。

どの業界のプレーヤーもつながることで価値が生まれる。タイミングを見ながらそこに合わせていきたいと思っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT