『an・an』流、女子の"気分"のとらえ方

売れるも売れないも”僅差”だった!

女子のバイブルは、移り気な女子の気分をいかにしてつかんでいるのか?(写真は熊井昌広編集長)
恋愛、占い、ダイエット……。いつの世も、“肉食系女子”のバイブルであり続ける『an・an』。かつては「アンノン族」と呼ばれる女子たちを生みだし、旅行ブームを巻き起こした同誌だが、時代と共に、その作り方は刻々と変化している。『an・an』がとらえる現代の女子像とは?この女子たちの「買いたい」をつかむ方法とは?熊井昌広編集長に聞いた。

――『an・an』は、いつもグラビアが特徴的ですよね。あまり見たことのない俳優さんの表情だったり、アングルだったり。ニヤニヤしながら見てしまうのですが(笑)、どんなところにこだわって撮影されているのでしょう。

それはもう、すごくこだわって作っていますよ。とにかく、女性の「妄想」に応えるということが大事だと思っています(笑)。たとえば、向井理さんのグラビアであれば、“向井さんと恋人である自分”にしか見られない目線で撮ろうと思っているんですよ。

向井さんのグラビアなんて、ネットでググれば何千枚と出てきます。しかも無料で。そんな中で、450円の雑誌を買ってもらうためには、ネットよりもっともっと上を行かなければならない。つまり、どれだけファンの妄想をかなえてあげられるかが重要なんです。

――なるほど。向井さんと自宅で2人きりで……みたいな、よりリアルな感じですね。

そうそう、隣で寝ころんでいると。水を飲もうかと自分が起き上がったときに、不意に目が合う、たとえばそういう瞬間の表情ですよ。2人だけで、至近距離にいるときにしか見られない横顔とか、鎖骨とか。グラビアだからって、ただ裸になりゃいいってもんじゃないんです(笑)。

テレビ誌のように、風船で背景を飾ったりしてポップに撮るのも、それはそれでいいんです。でも、『an・an』の読者の願望はそこにはない。ファンは、向井さんと2人きりでいたいわけです。カメラマンにはいつも、「今日は恋人の女性の目線でよろしくね」と声を掛けていますね。

”僅差”をとらえられるか、どうか

――そこまでのこだわりを、読者はどうとらえているのでしょうか。

本当に細かいところまで、よく見ていただいていますよ。「唇にかかっている指がいい」とか、「このときの、無防備な目の表情がいい」とか、ディテールにすごく注目してくださっていて。結局、読者に届くものになるかどうかは、“僅差”なんですね。それを積み重ねられれば、読者の願望をかなえられると、僕は思っています。

次ページターゲティングは、細かく、細かく
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT