『an・an』流、女子の"気分"のとらえ方

売れるも売れないも”僅差”だった!

女子のバイブルは、移り気な女子の気分をいかにしてつかんでいるのか?(写真は熊井昌広編集長)
恋愛、占い、ダイエット……。いつの世も、“肉食系女子”のバイブルであり続ける『an・an』。かつては「アンノン族」と呼ばれる女子たちを生みだし、旅行ブームを巻き起こした同誌だが、時代と共に、その作り方は刻々と変化している。『an・an』がとらえる現代の女子像とは?この女子たちの「買いたい」をつかむ方法とは?熊井昌広編集長に聞いた。

――『an・an』は、いつもグラビアが特徴的ですよね。あまり見たことのない俳優さんの表情だったり、アングルだったり。ニヤニヤしながら見てしまうのですが(笑)、どんなところにこだわって撮影されているのでしょう。

それはもう、すごくこだわって作っていますよ。とにかく、女性の「妄想」に応えるということが大事だと思っています(笑)。たとえば、向井理さんのグラビアであれば、“向井さんと恋人である自分”にしか見られない目線で撮ろうと思っているんですよ。

向井さんのグラビアなんて、ネットでググれば何千枚と出てきます。しかも無料で。そんな中で、450円の雑誌を買ってもらうためには、ネットよりもっともっと上を行かなければならない。つまり、どれだけファンの妄想をかなえてあげられるかが重要なんです。

――なるほど。向井さんと自宅で2人きりで……みたいな、よりリアルな感じですね。

そうそう、隣で寝ころんでいると。水を飲もうかと自分が起き上がったときに、不意に目が合う、たとえばそういう瞬間の表情ですよ。2人だけで、至近距離にいるときにしか見られない横顔とか、鎖骨とか。グラビアだからって、ただ裸になりゃいいってもんじゃないんです(笑)。

テレビ誌のように、風船で背景を飾ったりしてポップに撮るのも、それはそれでいいんです。でも、『an・an』の読者の願望はそこにはない。ファンは、向井さんと2人きりでいたいわけです。カメラマンにはいつも、「今日は恋人の女性の目線でよろしくね」と声を掛けていますね。

”僅差”をとらえられるか、どうか

――そこまでのこだわりを、読者はどうとらえているのでしょうか。

本当に細かいところまで、よく見ていただいていますよ。「唇にかかっている指がいい」とか、「このときの、無防備な目の表情がいい」とか、ディテールにすごく注目してくださっていて。結局、読者に届くものになるかどうかは、“僅差”なんですね。それを積み重ねられれば、読者の願望をかなえられると、僕は思っています。

次ページターゲティングは、細かく、細かく
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT