電通”クリエイター母”の、超「達観」語録 男だろうが女だろうが、子供がいようがいまいが……

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

ワーキングマザーの多くは、「時間がない」ことが悩みだ。

急な仕事に対応できない。残業ができない。子どもと思い切り過ごせない。夫と会話できない。そして、ひとりでくつろぐ時間がない……。子どもを産む前とのあまりの環境の変化に対応できず、うじうじしてしまう人は多い。

だが、電通の次世代コミュニケーション開発部で働くプランナーの中野華奈さんは、ちょっと違う。筆者の「長時間働けないことに対する、もどかしさはある?」という質問に、「それは……もどかしいですが、しょうがないです。しょうがない」とキッパリ答えた。

しょうがない――。

開き直りと達観が同居する言葉だが、筆者はここにワーキングマザーが仕事と育児を両立するヒントが隠されているように思った。

確かに自己憐憫に浸ったところで、会社や夫を恨んだところで、「時間がない」という現実に変わりはない。現実を容認し、その中に折り合いを見いだして、なんとかやっていくしかない。

「男だろうが女だろうが、結婚していようがいまいが、子どもがいようがいまいが、それぞれに皆がプラスとマイナスを抱えている。子どもがいるというのは、そのバランスが変わっただけだと思っています」

中野さんは、自分をワーキングマザーという枠にはめることがない。「大変だ、大変だ」と両立の苦労を騒ぎ立てることもなければ、その裏にある充実ぶりを他人に見せつけることもない。

一仕事人として、淡々と仕事に取り組み、成果を挙げる。

次ページ課長や部長をつかまえるアプリ?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT