電通”クリエイター母”の、超「達観」語録

男だろうが女だろうが、子供がいようがいまいが……

ワーキングマザーの多くは、「時間がない」ことが悩みだ。

急な仕事に対応できない。残業ができない。子どもと思い切り過ごせない。夫と会話できない。そして、ひとりでくつろぐ時間がない……。子どもを産む前とのあまりの環境の変化に対応できず、うじうじしてしまう人は多い。

だが、電通の次世代コミュニケーション開発部で働くプランナーの中野華奈さんは、ちょっと違う。筆者の「長時間働けないことに対する、もどかしさはある?」という質問に、「それは……もどかしいですが、しょうがないです。しょうがない」とキッパリ答えた。

しょうがない――。

開き直りと達観が同居する言葉だが、筆者はここにワーキングマザーが仕事と育児を両立するヒントが隠されているように思った。

確かに自己憐憫に浸ったところで、会社や夫を恨んだところで、「時間がない」という現実に変わりはない。現実を容認し、その中に折り合いを見いだして、なんとかやっていくしかない。

「男だろうが女だろうが、結婚していようがいまいが、子どもがいようがいまいが、それぞれに皆がプラスとマイナスを抱えている。子どもがいるというのは、そのバランスが変わっただけだと思っています」

中野さんは、自分をワーキングマザーという枠にはめることがない。「大変だ、大変だ」と両立の苦労を騒ぎ立てることもなければ、その裏にある充実ぶりを他人に見せつけることもない。

一仕事人として、淡々と仕事に取り組み、成果を挙げる。

次ページ課長や部長をつかまえるアプリ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。