日産"ブラジル子連れ赴任ママ”、腹の決め方

1歳、7歳を連れ、いざ地球の裏側へ

日産自動車初の女性ブラジル駐在員。しかも、夫を日本に残し、7歳児と1歳児(当時)を同行しての“子連れ赴任”。

なおかつ、あのカルロス・ゴーン氏が作った社内改革チーム「クロス・ファンクショナル・チーム」の元メンバーで、事業部内イチの出世頭――。

日産自動車グローバルセールス本部グローバル販売&輸出業務部主担の小林千恵さん(45歳)の実績を聞くと、どんなコワモテのキャリアウーマンが登場するかと、ひるんでしまう。

だが、実際にお会いした小林さんの印象は柔和そのもの。表情はあくまで優しく、話し方もおっとりで、イメージを軽く裏切られる。「社内結婚した主人も、子どもができたら、仕事は辞めるだろうなと思っていたみたいですよ」。

だが、ひとたび仕事の話を聞くと、その表情はキリッと変わる。

「治安の悪い南米に女性が、ましてや子連れで赴任した前例はなく、もし私が事故にでも遭ったら、ベビーシッターさんが来られないときはどうするのかと、上は相当悩んだようでした。

でも、心配事は言い出したらキリがないし、日本にいたって不測の事態は発生する。いざとなったら、どうにかするしかないんですよね」

何が起きても、どうにかする――。自動車業界という男社会の中で、小林さんはどうやって、育児と仕事の両立を、“どうにかしてきた”のか?

ゴーン上陸!初のサバイバル体験

小林さんは、1991年の入社以来、中南米での営業・マーケティング業務一筋に担当してきた。

大学時代に学んだポルトガル語、入社してから学んだスペイン語の能力を存分に活かし、現地の生産・販売管理、事業計画、コスト管理、輸出業務などを一貫して担当する仕事は、やりがいも十分。

次ページゴーン上陸で、職場が一変
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。